HML 共同開発のパンで資金集め

 市内の小さな子どもを持つ母親らの子育て応援ユニット、HML(ハッピーママライフ=寺村多喜代表)は、有田川町で23日に開かれるイベントで、ボナペティヤナギヤ(宮所忠喜社長)と共同開発したパンを販売する。従来の街頭募金等とは違う新たな活動資金集めとして、わかやまNPOセンターの協力で、地域をよりよくしたいと願う両者のコラボが実現。パンの売り上げの一部が活動資金となる。
 わかやまNPOセンターは以前から、街頭募金や募金箱以外でどうすれば活動資金を募れるのかを考えており、今回、子どもへの暴力を防止するためのCAPスペシャリスト養成講座などの活動を行っているHMLがモデル事業の団体に選ばれた。新しい活動資金集めの方法は、企業と団体が共同で商品を開発し、その売り上げの一部が団体の活動資金になる仕組み。地域で積極的に活動している団体を応援するというセンターの目的から、有田・日高地方で活動しているHMLに話が持ちかけられ、HMLがボナペティヤナギヤにに協力を求めたところ、同店は快諾、コラボパンを作ることになった。
 宮所社長(55)は「地域のお客様にお世話になっており、パンで何か協力できることがあるのならぜひにと思い、協力させていただくことにしました」と話している。今回のパンは、23日に有田川町下津野の地域交流センターALECで開かれるイベント「WORLD HAPPY FESTIVAL」で販売。イベントの目玉で、秋に撮影がスタートする同町民が出演する映画『ねこにみかん』のタイトルにちなみ、みかんを使ったパンになるという。みかんは広川町の㈱滝本農園(瀧本幸紀取締役)が無償で提供する。
 販売するのは、「瀧本さんちのみかんクリームパン」「ライ麦とくるみとオレンジのピールを使ったセラヴィー」など3種類。HMLの寺村代表(48)は「最初はコラボといってもうまくいくのか不安だったのですが、見た目もおしゃれでおいしそうなパンになりました。いまはまだ完成ではありませんが、みかんのいいところを引き出せています」と笑顔で話していた。
 HMLとボナペティヤナギヤのコラボ企画は、18日午後6時からテレビ和歌山の「@あっと テレわかNEWSスタイル」の中で紹介される。

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る