HML 共同開発のパンで資金集め

 市内の小さな子どもを持つ母親らの子育て応援ユニット、HML(ハッピーママライフ=寺村多喜代表)は、有田川町で23日に開かれるイベントで、ボナペティヤナギヤ(宮所忠喜社長)と共同開発したパンを販売する。従来の街頭募金等とは違う新たな活動資金集めとして、わかやまNPOセンターの協力で、地域をよりよくしたいと願う両者のコラボが実現。パンの売り上げの一部が活動資金となる。
 わかやまNPOセンターは以前から、街頭募金や募金箱以外でどうすれば活動資金を募れるのかを考えており、今回、子どもへの暴力を防止するためのCAPスペシャリスト養成講座などの活動を行っているHMLがモデル事業の団体に選ばれた。新しい活動資金集めの方法は、企業と団体が共同で商品を開発し、その売り上げの一部が団体の活動資金になる仕組み。地域で積極的に活動している団体を応援するというセンターの目的から、有田・日高地方で活動しているHMLに話が持ちかけられ、HMLがボナペティヤナギヤにに協力を求めたところ、同店は快諾、コラボパンを作ることになった。
 宮所社長(55)は「地域のお客様にお世話になっており、パンで何か協力できることがあるのならぜひにと思い、協力させていただくことにしました」と話している。今回のパンは、23日に有田川町下津野の地域交流センターALECで開かれるイベント「WORLD HAPPY FESTIVAL」で販売。イベントの目玉で、秋に撮影がスタートする同町民が出演する映画『ねこにみかん』のタイトルにちなみ、みかんを使ったパンになるという。みかんは広川町の㈱滝本農園(瀧本幸紀取締役)が無償で提供する。
 販売するのは、「瀧本さんちのみかんクリームパン」「ライ麦とくるみとオレンジのピールを使ったセラヴィー」など3種類。HMLの寺村代表(48)は「最初はコラボといってもうまくいくのか不安だったのですが、見た目もおしゃれでおいしそうなパンになりました。いまはまだ完成ではありませんが、みかんのいいところを引き出せています」と笑顔で話していた。
 HMLとボナペティヤナギヤのコラボ企画は、18日午後6時からテレビ和歌山の「@あっと テレわかNEWSスタイル」の中で紹介される。

関連記事

フォトニュース

  1. 夏にはいっぱい咲くで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る