みなべ町 認知症GHの事業者を公募

 高齢者福祉の充実を目指すみなべ町は、 町内に認知症対応型共同生活介護施設 「グループホーム」 を開設する事業者を4日から公募する。 進出を促すため、 本年度中に開所する事業者には施設建設費などで最大4080万円を補助する。 町内の介護認定者は年々増え続けており、 受け皿の整備が課題となっていることから、町では 「法人の進出で、 地域密着型サービスの向上につなげたい」 と期待を寄せている。
 日高地方の多くの市町で同様のグループホームが運営されているが、 みなべ町にはまだない。 平成17年からグループホーム1ユニット(定員9人) を計画して民間の進出を待ったが、 問い合わせはあったものの、 結果的には1ユニットでは採算面で運営が厳しいことから進出事業者は見つかっていない。 一方、 介護認定者は年々増加。 平成17年度は584人だったが23年度末には758人に増えており、 町民からのニーズに応えるためにも進出を一層促そうと、 事業者の採算面を考慮して計画を2ユニット(定員18人)にし、 補助を決めた。 31日の町議会で4080万円を盛り込んだ補正予算が可決され、 4日から7月3日までの1カ月間、 事業者を募集する。
 応募資格は、法人格があり、 本年度中に施設を開設できる事業所。運営を直接行えること。締め切った後、町内の医師や歯科医師、民生委員、区長会、特養職員ら12人で発足した「みなべ町介護保険運営協議会」が審査し、決定する。質問等は4日から15日まで文書かファクスでのみ受け付ける。利用者の対象は要支援1から要介護5までの認定を受けている人で、原則的に町民だけ。
 町では 「お年寄りが要介護状態となっても住み慣れた地域で生活ができる環境を整えるため、 グループホームの進出には非常に期待している。 どれだけの応募があるかは未知数だが、 高齢者福祉のさらなる充実につながるよう取り組んでいきたい」 と話している。 同様の公募は上富田町などでも実施されている。

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る