梅産地にいま必要なこと

 きょうから6月。 梅どころのみなべ町では収穫の最盛期を迎える。 日本一の梅の産地ならではの行事や取り組みがみられるのもこの時期だ。 小中学校では1日に梅取り体験学習が行われ、 児童や生徒は農作業に精を出す。 10年ほど前までは、 梅の収穫作業で疲れた女性たちの台所作業を軽減させるため、 各集会所では手の空いている女性たちが梅農家に代わって夕ご飯のおかずを調理する取り組みも行われていた。 こうした独特の行事を取材するたびに日本一の梅の町らしさを感じた。
 ところが、 ことしは産地に活気を感じない。 主力の南高梅は平年の4~5割減の作柄予想。 農家からは 「これほど実が少ない年は記憶にない」 という声が上がるほど大きなダメージだ。 5月には山間部を中心に降ひょう被害も発生し、 梅農家にとっては自然の悪条件が重なった。 加工業者も 「商品の売れ行きが低調」 と表情は浮かない。昨年7月に入った公正取引委員会の調査結果が出るのが6月中といわれ、 「処分は免れないのではないか」 という見方もある。 活気を感じないのはこうした暗いニュースが相次いだせいか。
 みなべ町で本格的に梅栽培が始まったのは昭和34年。 内中源蔵氏が山を開墾して梅畑にしたのがきっかけだ。 それからすると、 100年を超える歴史がある。 この間に幾多の苦難を乗り越えてきたからこそ、いまの梅産業があるといえる。
 毎年、 観梅時期の2月には先覚者の内中氏の遺徳を偲ぶ梅供養が行われている。 ことしも観梅協会の谷口政雄会長が 「販路の開拓や梅自体の改良などに今後も一層努力する」 と誓った。 いま、 産地にもっとも必要なことではなかろうか。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る