空き家対策にシルバー活用

 みなべ町シルバー人材センターの23年度事業報酬 (売り上げ)が、初めて5000万円を突破した。平成17年の設立から右肩上がりだ。 おおむね60歳以上の171人が登録しており、 生きがいや健康維持にも働くことは重要だし、まちの活性化にもつながるので喜ばしい。いまや60歳や70歳なんてまだまだ現役で活躍できる年齢で、利用者からは実際、真面目で丁寧な働きぶりが好評を得ている。 高齢化が進む中、 現役引退後も能力を生かして活躍する場があるのは、 お年寄りにとっても心強いだろう。
 一方、同センターの報酬が年々伸びる背景にも、 高齢化が影響している。 一人暮らしのお年寄り世帯が増えていることで、 掃除や洗濯、 庭の草刈りなど生活支援へのニーズが高まっていることと、 農家の高齢化でこれまで自分でやれていた急斜面の草刈り等の作業ができなくなった。 この傾向はこれからも続くだろう。 少子高齢化、 核家族化の加速が与える影響はこれだけではない。 どのまちにもいえることだが、 今後は空き家がかなりのスピードで増えてくることが予想される。
 空き家が増えれば、どんな問題があるか。いま最も懸念されていることは、 防災面だ。老朽化が進んだ空き家は、地震の揺れで倒壊すると、場合によっては避難路をふさいでしまう。草刈り等の手入れがされなければ不法投棄の温床となるし、放火される危険もある。手入れするもしないも所有者の意向だが、放っておくわけにもいかない。シルバー人材センターが空き家を定期的に管理する態勢を整えるのも一つの方法ではないか。今後は行政が所有者に働きかけるなど、積極的にかかわっていく必要があるだろう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る