空き家対策にシルバー活用

 みなべ町シルバー人材センターの23年度事業報酬 (売り上げ)が、初めて5000万円を突破した。平成17年の設立から右肩上がりだ。 おおむね60歳以上の171人が登録しており、 生きがいや健康維持にも働くことは重要だし、まちの活性化にもつながるので喜ばしい。いまや60歳や70歳なんてまだまだ現役で活躍できる年齢で、利用者からは実際、真面目で丁寧な働きぶりが好評を得ている。 高齢化が進む中、 現役引退後も能力を生かして活躍する場があるのは、 お年寄りにとっても心強いだろう。
 一方、同センターの報酬が年々伸びる背景にも、 高齢化が影響している。 一人暮らしのお年寄り世帯が増えていることで、 掃除や洗濯、 庭の草刈りなど生活支援へのニーズが高まっていることと、 農家の高齢化でこれまで自分でやれていた急斜面の草刈り等の作業ができなくなった。 この傾向はこれからも続くだろう。 少子高齢化、 核家族化の加速が与える影響はこれだけではない。 どのまちにもいえることだが、 今後は空き家がかなりのスピードで増えてくることが予想される。
 空き家が増えれば、どんな問題があるか。いま最も懸念されていることは、 防災面だ。老朽化が進んだ空き家は、地震の揺れで倒壊すると、場合によっては避難路をふさいでしまう。草刈り等の手入れがされなければ不法投棄の温床となるし、放火される危険もある。手入れするもしないも所有者の意向だが、放っておくわけにもいかない。シルバー人材センターが空き家を定期的に管理する態勢を整えるのも一つの方法ではないか。今後は行政が所有者に働きかけるなど、積極的にかかわっていく必要があるだろう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る