スイングする体重

 1年で7㌔減って次の1年で戻り、 その次の1年では5㌔減ってまた戻るなどここ数年体重の増減が激しかったが、 今のところ適正体重よりかなり多く推移している。 取材先で久々にお会いした方が開口一番 「ダイエットの方法教えてあげる」 と言ってくださったほどだ。
 折りしも作家の五木寛之氏、 医師の帯津良一氏の対談 「健康問答」 (平凡社) を読んだところである。 8年ほど前まで市民教養講座を担当していたが、 その初取材で講師だったのが五木氏。 講演中の写真撮影を許されず、 必死でお願いして控え室で1枚だけ撮影した思い出がある。 講演は、 陽に対する陰など通常マイナスと思われる部分に価値を見いだすというテーマ。 氏の著作で独自の世界観・人生観の表れた文章を読んでいると、 「僕は写真は嫌いです」 ときっぱり言われた時の表情が浮かんでくる。
 「健康問答」 で印象に残ったのは 「中道」 について。 右と左の中間という意味でも、 単に両者を折衷する意味でもない。 右へぶれ、 左へぶれながらも最終の針路は一定である。「スイングする生き方とでもいおうか」 と五木氏は述べている。 氏の主張は、 一つに凝り固まらず多彩なやり方を認め、 より自分に合った自然な形で身を養うというごく当たり前のことであった。人間本来の柔軟な生命力への信頼が、 そこにはある。
 太ったりやせたりを繰り返す自分は 「スイングしている」 のでは、など無理やり都合よく解釈しながらも、 とりあえず適正体重には戻さねばならない。取材先で教わったダイエット法は、 朝はニンジンとリンゴのジュース、 昼は和そば、 夜は何を食べてもいい。多彩な健康法の一つとして試みようかとも思っている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る