子どもは親の鏡

 先日、 印南町の老人大学いなみシニア学園のオープン教室を取材した。 「親としての学び」 「親になるための学び」 などの 「親学」 を推進している明星大学 (東京) の髙橋史朗教授が話した。
 いくつか印象的な話があった。 ある学校では保護者から 「給食費を払っているのでうちの子には 『いただきます』 を言わせないでほしい」、 ある保育園では自分の子どもが鼻水を流しているのを見て、 保育士に 「早く拭いてください」 と指示する親がいるという。 いずれもお金を払っているからという理由。 あるラジオでこのことが流された際は、 こういった行動に同調する意見も多かったという。 会場のお年寄りからは 「えー」 と驚きの声が上がり、 親の子育てに対する意識の変化を感じた。
 また子どもの夢ランキングでは、 男の子の1位がスポーツ選手、 女の子の1位はお菓子やケーキ屋。 「お父さん・お母さん」 が数十年前からランク外になっており、 子どもの親に対する感覚も大きく変わってきている。
 子どもが変わってきたのは家族や地域の絆が薄くなってきたと指摘する髙橋教授。 筆者にも1歳の子どもがいるが、 将来のことを考えると、 どんな通信教材が効果的なのかとか、 何歳から保育園に通わせたらいいかとか、 塾や習い事はどうしようかなど、 提供されているサービスを利用することばかり考えがち。 最も大切な人間性を育むためには、 一緒に過ごす時間が長い家庭が大切で、 一番身近な存在である親の影響が大きい。 「子は親の鏡。 親が変わらなければ子は変わらない」 と訴える髙橋教授の言葉を聞いて、 普段の自分の行動から見直そうと感じた。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る