子どもは親の鏡

 先日、 印南町の老人大学いなみシニア学園のオープン教室を取材した。 「親としての学び」 「親になるための学び」 などの 「親学」 を推進している明星大学 (東京) の髙橋史朗教授が話した。
 いくつか印象的な話があった。 ある学校では保護者から 「給食費を払っているのでうちの子には 『いただきます』 を言わせないでほしい」、 ある保育園では自分の子どもが鼻水を流しているのを見て、 保育士に 「早く拭いてください」 と指示する親がいるという。 いずれもお金を払っているからという理由。 あるラジオでこのことが流された際は、 こういった行動に同調する意見も多かったという。 会場のお年寄りからは 「えー」 と驚きの声が上がり、 親の子育てに対する意識の変化を感じた。
 また子どもの夢ランキングでは、 男の子の1位がスポーツ選手、 女の子の1位はお菓子やケーキ屋。 「お父さん・お母さん」 が数十年前からランク外になっており、 子どもの親に対する感覚も大きく変わってきている。
 子どもが変わってきたのは家族や地域の絆が薄くなってきたと指摘する髙橋教授。 筆者にも1歳の子どもがいるが、 将来のことを考えると、 どんな通信教材が効果的なのかとか、 何歳から保育園に通わせたらいいかとか、 塾や習い事はどうしようかなど、 提供されているサービスを利用することばかり考えがち。 最も大切な人間性を育むためには、 一緒に過ごす時間が長い家庭が大切で、 一番身近な存在である親の影響が大きい。 「子は親の鏡。 親が変わらなければ子は変わらない」 と訴える髙橋教授の言葉を聞いて、 普段の自分の行動から見直そうと感じた。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る