御坊市長選 両陣営ラストスパート

 16年ぶりの一騎打ちを繰り広げている市長選は、 いよいよラストスパートに入った。 戦況をみると、 やはり盤石の支援態勢で幅広く支持を固める現職柏木征夫氏(71)が優位に立ち、 新人山本勝也氏(51)が現職批判票や無関心層の掘り起こしで巻き返しを狙う構図となっているが、 両陣営にこれまでの手応えを聞いてみた。
 山本陣営 候補者本人が乗る車での街宣は朝と昼からの2回程度で、大半は精力的に自転車での街宣。名田町まで行くと往復2時間はかかるが、自転車のスピードでいけばまちの様子について再発見することも多い。明神川までいったときは相手陣営がちょうど車で街宣にきており、有権者から「自転車でよく頑張っているな~」と励ましの言葉もあった。車で追いかけてきて「あとで話を聞いてほしい」という人もおり、事務所で1時間、農業や漁業、高齢者対策の訴えを聞くことも。また、事務所にはいままで顔も知らなかった人が集まってきて、ボランティア的に手伝いをしてくれるようになった。何よりも現職に対する批判の声が日増しに高まっているのがひしひしと感じられる。電話をかけてきて不満をいったり、事務所に関係資料を持ってきたりする人もいる。戦況は確実に上向きになっている。
  
 柏木陣営 前哨戦から行っていた市政報告会では延べ2000人の有権者と顔を合わせており、来場者からは「市の財政状況や防災対策など難しいことも分かりやすく説明してくれた」と好評。特に高い建物がない市街地で、津波の避難場所となる市役所庁舎の建て替えについて時期や財源確保など明確に方針を示しており、有権者から寄せる期待を感じている。また、人員削減などで財政の安定化を実現したことに対する信頼も大きい。車での街宣では、畑仕事をしている人が手を止めて手を振ってくれたり、家の中から出てきて声援を送ってくれたり有権者の反応がすごくよい。中には「市長さんもあまり無理しないでくださいね」と励ましの声をかけてくれる人もいる。しかし、安泰ムードで「大丈夫だろう」といわれるのが一番の心配。当選の手応えは十分だが、油断大敵、最後まで走り抜くことが大切だ。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る