御坊の産廃計画 反対派は訴訟の構えも

市内森岡産業廃棄物処分場建設計画は現在県の建設認可待ちとなっているが、 周辺地区の住民でつくる 「塩屋産廃の中止を求める塩屋の会」 の活動が一層活発化している。 去る8日には県庁を訪れ直談判したほか、 今後は中止を求める訴訟を起こす構えも見せている。 県は 「粛々と認可の審査をする」 と話すにとどめているが、 産廃計画がどうなっていくのか注目される。
 塩屋の会ではかねて学習会や署名活動、デモ行進などを行っており、去る8日には塩谷真一・橋本厚洋代表世話人はじめ「産廃から御坊・日高の自然を守る連絡会」のメンバーが県庁循環型社会推進課を訪問。「塩屋の地域には豊かな自然が残っており、昨年はコウノトリ、ことしはシラサギも飛来。産廃が計画されている下流域となる王子川の河口ではアサリなどの潮干狩りもされている地域」などと説明し、産廃から汚染水が浸出して下流域に与える被害への不安を訴えた。これに対して県側は「汚染水の浸出を防ぐ遮水シートの耐用年数などを慎重に検討している。建設計画地の近くに給食センターがあるが、現在事業者に対して粉じん対策の強化を求めている」などと回答したが、今後の進め方については「計画内容の縦覧や関係市町の意見聴取の時期は決まっていない」として、認可を下ろす時期についても言及しなかった。
 直談判を終えて塩屋の会のメンバーらは「産廃の計画を中止に追い込むにはまず県が認可を下ろさないことが大切。ただ、県は県内初の管理型施設ということで相当慎重に審査しているのは間違いない。あとは関係市町の首長に反対意見を具申してもらうこと」とし、さらに「計画は区と地権者が同意すれば進めることができるとなっているが、影響が心配される周辺地域の同意も必要だという観点で訴訟を起こす動きも出ている」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る