ホタルシーズンの到来

 慌しかったゴールデンウイークが過ぎたと思えば、早くも初夏の使者がちらほら。日高地方有数の観賞スポット、日高川町の玄子川でホタルが飛び始めた。ピークを迎えると午後7時半ごろから9時ごろまで川に沿って光の帯が浮かぶ。夜の静寂の中、無数の小さな閃光が川のせせらぎとシンクロするように飛び回り、幻想的なショーを演出。見物者をノスタルジックな世界へいざない、心を落ち着かせてくれる。
 美しい川の象徴とされるホタルであるが、玄子川で飛び出したのは11年前から。厳密に言うと姿を消していた。生活廃水や農薬などで水質が悪化したのが原因で、地元区ではかつての美しい川を取り戻そうと全区民を対象としたホタルを守る会を組織し、14年前からは川の清掃活動を実施。ホタルの生態についての意見交換なども行い、そんな努力が実を結んだ。いまでもとても美しいのだが、以前はこれ以上。玄子には筆者の母方の実家があり、幼いころは毎年のようにシーズンに川を訪れ、ホタル観賞を楽しんだ。無数の光が目の前いっぱいに広がり、筆者の服にたかって閃光、手を差し出せば捕まえられた。いまでも目を閉じれば、その光景が浮かぶ。30年以上も前の話である。
 川沿いには、安全に観賞できるようにと遊歩道も完成。毎年、シーズン中には観賞イベントが行われ、琴や三味線、コーラス、ジャンケン大会など多彩な催しに多くの人でにぎわう。ことしは6月2日に開催の予定だ。主役は区民の努力の甲斐あって増え続けている。筆者が子どものときに見た光景、さらにもっと美しかったであろう母や祖父が子どもだったころの光景まで戻ることを願いつつ、ことしも取材の傍ら観賞とイベントを楽しみたい。       (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る