「梅の日」地元から盛り上げよう

 2月14日といえばバレンタインデー。女性が男性へチョコレートを贈る日である。日本チョコレートココア協会の統計を見ると、バレンタインのチョコの総売上は600億円ほどだそうだ。総女性人口の半数がバレンタインのチョコを贈ったと想定すると、1人当たり約1000円使っている計算になるという。菓子業界では大きな売り上げになっているが、それはバレンタインの風習が広く浸透しているからである。
 ちょっと話が変わるが、「6月6日は何の日?」と問われて答えられる人は少ないのではないだろうか。みなべ町や印南町など紀南の梅産地の各団体でつくる「紀州梅の会」が平成18年に定めた「梅の日」である。全国的に広め、バレンタインデーのチョコレートのように梅の日に梅を食べて健康になってもらおうという狙いで制定された。
 毎年この日には京都の上賀茂・下鴨の両神社に梅を奉納、東京でフェアなどさまざまな取り組みを展開しているが、まだまだ全国的な認知度は低い。紀南地方でも盛り上がりは少ないのが現状。まずは地元住民の盛り上がりから図っていく必要があるのではないだろうか。それには梅の日には地元の小中学校を休校するぐらいの思い切った取り組みも必要だ。ユニークでインパクトのある取り組みだと、大手の新聞やテレビなどのマスコミが取り上げる可能性もある。そうなれば全国的な普及への第一歩として弾みがつく。
 バレンタインデーの場合、菓子メーカーのモロゾフが昭和11年に広告を出したのが最初らしい。今のように広く定着するまでには40~50年の時間がかかったそうだ。諦めない地元の熱意と工夫に期待したい。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る