和歌祭に御坊祭の獅子舞が友情出演

 小竹八幡神社の秋の例大祭、 御坊祭は中紀最大の秋祭りで、 市内の地区ごとに分かれた8つの組が獅子舞や踊りを奉納。 若衆が勇壮に担ぎ、 練る余興の四ツ太鼓も人気で、 毎年約3万人の見物人でにぎわう。 春日組の獅子舞は、 黒と赤の雌雄2頭の獅子が同時に舞うのが特徴。 ダイナミックに舞う姿は見物人からも人気がある。
 一方の和歌祭は東照宮の百八段の石段を駆け下りる勇壮な 「神輿おろし」 (午前11時半から) が有名で、 正午からは東照宮会館前を出発して海岸通り、 和歌浦漁港、 片男波海水浴場、 万葉館などを回る行列渡御が行われる。 390周年のことしは西川秀紀宮司と4人の神官が10年ぶりに馬に乗って渡御を行う。
 和歌祭の実行委は以前から渡御行列に獅子舞を復活させたいと考えていたところ、 御坊祭を地元以外にも広くPRしたいという春日組の役員の思いが合致し、 先月初旬に合意した。 春日組は例年より練習のスタートを早め、 今回の和歌祭に向けて連日、 練習を行っている。
 
 和歌祭実行委の保井元吾委員長(47)は 「お互いの思いがいいタイミングで重なった。 和歌祭の渡御行列を盛り上げてもらい、 御坊からも多くの人に見に来てもらえればうれしい」と期待。春日組の屋台・獅子舞責任者の久堀幸喜さん(40)は 「息の合った2頭の荒々しい舞を見ていただきたい。頑張るのみです」と意気込んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る