県の避難先検索アプリに風水害時の情報も

 県が2社のソフト開発企業と提携、開発したスマートフォン(多機能携帯電話)の災害時避難先検索アプリは、新たに風水害時の避難先情報を掲載し、津波からの避難先の最新情報が更新された。各市町村が指定する避難場所について、安全性(3段階)、標高、備蓄品などきめ細かな情報を提供。GPS(全地球測位システム)を利用して観光客ら土地勘のない人も誘導でき、全国のモデルとして注目を集めている。
 アプリは県とソフト開発会社のイサナドットネット(東京)、ファーストメディア(同)が共同で開発。アプリ名はイサナドットネットが「NIGERu~和歌山防災~」、ファーストメディアが「全国避難所ガイド」。いずれも各市町村が指定する学校や公民館の避難場所について、各市町村が判定した安全性レベル、標高、備蓄品、収容人数などの情報を確認できる。
 3月末のサービス開始からこれまで、地震・津波時の避難先情報を提供していたが、8日からは昨年の台風12号災害後に見直しを進めていた風水害時の避難先情報を追加。また、地震・津波の避難先については、3月に公表された南海トラフの巨大地震の被害検討結果を踏まえ、各市町村が見直した安全性レベルなどの最新情報をアップした。
 イサナドットネットの「NIGERu」は和歌山県の情報だけで、ファーストメディアの「全国避難所ガイド」は全国の情報が掲載されているが、安全性レベル(最大3つの☆マーク)や施設の耐震性、「津波時は3階以上」などと詳細な情報を見ることができるのは和歌山県だけ。アプリを起動すると、GPSで自分の現在地と周辺の避難所の登録データが表示され、ルート検索を選択すれば地図上に避難先までの最適ルートが表示される。現在までの両アプリのダウンロード数は、全国避難所ガイドが1万本以上、NIGERuが1000本以上となっている。
 8日の仁坂吉伸知事の定例会見では機能紹介のデモンストレーションが行われ、仁坂知事は「観光客や出張で和歌山へ来た人も、このアプリをダウンロードしておけば災害が起こったときに大いに役立つ。今後、メディアや旅行業界、JRなどと連携して周知していきたい」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る