日高川旗争奪少年野球 内原が優勝

 日高川町少年野球連絡協議会主催の第7回日高川旗争奪招待少年野球大会は3日から5日までの3日間、川辺若者広場などで行われ、27チームが熱戦を展開した。決勝は、内原が初回に4点を先制し4回に1点を追加、守っては3投手の無安打完封リレーで塩屋に5―0で快勝。見事3年ぶり2回目の優勝を飾った。
▽決勝
内原
4001000-5
0000000-0
塩屋
20120509野球内原.jpg
優勝の内原
20120509野球塩屋.jpg
準優勝の塩屋
 
 決勝は最終日に川辺若者広場で行われ、 同一カードとなった若草旗争奪招待少年野球大会決勝に引き続き、 内原に軍配が上がった。
 内原は初回、 2死から村田の遊撃強襲安打と2四球で満塁とすると、 滝本敢大の捉えた打球は右中間を深々と破るランニング満塁本塁打となって一挙4点を先制。 4回には西浦の四球を足がかりに2死二塁とし、 相手バッテリーのミスで貴重な1点を追加した。 守っては大谷が4回、 大久保が1回、 中井が2回を無失点。 3投手とも無安打、 二塁を踏ませない力投で塩屋打線につけ入るすきを与えなかった。
 塩屋は初回1死から小池が四球で出塁、 7回には敵失で無死から走者を出したが、 後続が凡退。 会心の当たりも相手の好守に阻まれ、 なすすべがなかった。 投手陣は先発の古井が4回5失点も粘りの投球、 リリーフの小泉は3回無失点の好投を見せ、 バックの堅守も光った。
 内原の吉田佳誠監督は 「投打ががっちりとかみ合いました。 初回の4点で流れを呼び込めたし、 投手陣は制球がよく、 みんな持ち味を出してくれた」 とたたえ、 「今後の大会でもいい結果が残せるよう頑張っていきます」 と笑顔を見せた。
 結果1回戦=清川4―1稲原、 塩屋6―4印南黒潮、 志賀3―2由良スポーツ、 高城2―1上南部、 アストロボーイズ7―4印南ビッキーズ、 御坊8―1由良ツインズ、 川辺西ビクトリーズ1―0名田黒潮、 内原8―0松原、 北東7―5藤田、 野口9―2岩代、 和田5―2南部▽2回戦=清川2―1中津、 塩屋1―0湯川、 川辺ウィンスターズ6―3志賀、 アストロボーイズ2―0高城、 御坊10―1美山、 内原11―0川辺西ビクトリーズ、 北東9―8三百瀬千鳥、 和田12―1野口▽準々決勝=塩屋3―0清川、 川辺ウィンスターズ10―0アストロボーイズ、 内原7―1御坊、 北東8―4和田▽準決勝=塩屋1―0川辺ウィンスターズ、 内原7―0北東
 メンバー内原=中井篤 (責任者)、 吉田佳誠 (監督)、 中井友裕、 大谷浩生、 熊代壮、 西浦拓未、 西﨑雄大、 滝本敢大、 村田大和、 大久保親績、 楠山顕也、 芝祥太、 西﨑大和、 楠山裕也、 川井田駿、 田畑志基、 初井聖竜、 石方翔城、 吉田康晟、 前西克樹、 岩崎大輔、 吉田礼斗、 滝本愛樹、 前西俊星、 土塀一輝、 芝綾志▽塩屋=堀田泰弘 (責任者)、 山田晋司 (監督)、 古井大誠、 小泉航平、 芝山海、 堀田大樹、 酒井直人、 小池準人、 谷口湧都、 山田尋誠、 山中永遠、 由良勇人、 谷口将梧、 由良陽向、 松村祥吾、 塩路柊季

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る