古豪復活告げる4強

 春季近畿地区高校野球大会県予選で、 紀央館が見事ベスト4入り。延長11回までもつれ込んだ準々決勝をカメラ越しに観戦し、 好勝負に手に汗握った。
 前半と後半でこれほど対照的な試合も珍しい。 だから野球は面白い。 準々決勝は、 そんな展開だった。 6回までは完全に耐久のペース。 3回に3長短打を集められて3失点、 さらに5回にも3単打で1点を加えられた。 相手投手は速球の切れがよく、 打線は4回1死満塁の好機も併殺で逸す。 ワンサイドゲームにもなりかねない雰囲気だったが、 そこから巻き返した。 7回に長打1本で1点反撃、 8回には2四球からクリーンアップの連続長短打で一気に追いついた。 試合の流れを完全に引き寄せると、 延長11回に4長短打の猛攻で一挙5得点し、 9―5で勝利した。
 紀央館は3回戦も1イニングで11得点するなど打線が充実。 この日も上位から下位まで鋭いスイングで、 つながりがあった。 一方、 守備ではエース左腕が序盤こそ打ち込まれたものの尻上がりに調子を上げ、 6回以降はまるで別人の投球。明らかに直球の球威が増し、 8回2死まで0だった三振をそれ以降の3回3分の1で5つ奪うなどし、 打線の爆発を呼び込んだ。
 近年、地元勢は甲子園から遠ざかっているが、センバツ出場3回 (旧御坊商工) の古豪が復活を告げる活躍を見せてくれたのはうれしい限りだ。 春季県予選の準決勝では智弁和歌山と対戦することになっており、この一戦が夏の和歌山大会に向けて試金石になるだろう。 甲子園上位常連校と好勝負ができれば大きな弾みがつくはず。すでに夏のシード権は獲得しているが、ぜひ勝って勢いを増してもらいたい。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る