みなべ町が防災カメラを増設

 みなべ町は本年度、 リアルタイムで災害状況が把握できる防災カメラ6台を増設し、 現在の5台から計11台に増やす。 これまでは海岸部が中心だったが、 昨年の台風12号により山間部で大きな被害が発生したことを受け、 町では 「災害情報を充実させ、 いち早く危険を察知できるようにしていきたい」 と話している。
 現在、 町では堺漁港 (堺)、 国民宿舎紀州路みなべ (埴田)、 千鹿浦公園 (山内)、 岩代小学校 (西岩代)、 うめ振興館 (谷口) に防災カメラを設置。 役場2階の総務課前に設置しているモニター (5台) や町が開設しているホームページを通じてリアルタイムで映像を見ることができるようになっている。 現在の設置場所は海岸部が中心だが、 昨年9月、 台風12号のため山間部で大きな被害が発生。 3月議会の一般質問でも、 「高城や清川の山間部にも防災カメラを」 という声も上がっていた。
 
 町では災害情報の充実を図るため、 本年度に高城、 清川地区のほか、 辺川 (東本庄)、 桜川 (山内)、 小目津海岸 (同)、 大目津海岸 (同) の場所にそれぞれ1台ずつ新しく防災カメラを設置する。 現在は具体的な場所を検討している段階だが、 清川と高城地区は基本的に河川流域とし、 増水状況が把握できるようにする考え。 カメラは6台の増設となるが、 役場2階に設置しているモニター5台はそれ以上増やさず、 見たい場所を切り替えて映す方式とする。
 
 町は 「海岸部の波、 河川の水位など状況の変化を把握しやすい場所に設置していきたい」 と話している。 事業費は900万円。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る