御坊市長選 投票率ダウンか

 20日告示、 27日投開票の市長選は、立候補を予定している現職柏木征夫氏(71)=5期=と、新人山本勝也氏(51)=島・飲食店経営=が前哨戦を展開しているが、投票率の低迷が心配されている。大きな争点がなく、有権者の関心が低調ムードとなっているためで、関係者や有権者の中には「50%を割り込むのでは」との見方も出ている。
 市長選の投票率をみると、 平成8年5月、 現職柏木氏と共産党新人の林つとむ氏の一騎打ちのときが69・44%。 しかし、 いまから16年前の話で、 全国的にも年々無関心層が増加して投票率が下がる傾向にあるため、 今回の投票率の参考にするのは難しそう。 このため、 他の選挙を見てみると、 平成21年8月の衆院選では自民党現職の二階俊博氏、 民主党新人の玉置公良氏らが出馬して、 市部投票率は75・4%で比較的高かった。 これは自民党から民主党への政権交代が起きたときで、 民主への期待で無関心層が掘り起こされ、 逆に自民も危機感を募らせ運動が活発化したためとみられる。 このほか、 逆に民主への不満が募ってきた23年4月の県議選市部では、 自民現の中村裕一氏、 民主新の斎藤麻希氏との一騎打ちとなったが、 投票率は54・8%と低迷。 これは現職優勢で安泰ムードが流れたことも要因の一つとみられている。
 今回の市長選では二階氏や中村氏とパイプを持つ柏木氏が同じような支援態勢で戦うことになるが、 過去の選挙と比較すると政権交代など全国的な選挙ムードに伴う有権者の関心の高まりがあるわけではない上に、 下馬評ではすでに 「現職強し」 の声も聞かれている。 そんな中、 柏木陣営では 「『勝つに決まってるから投票に行かなくてもいいだろう』 と棄権する人が増えると一番辛い。 少しでも多くの人に投票所に足を運んでもらうことが課題」 と安泰ムードを警戒。 一方、 山本陣営でも投票率アップは大きな課題で 「選挙にいかない無関心層や若者層を掘り起こしていかに投票してもらうかが重要。 きちんとした選挙組織もないが、 勝手連的に支援の輪が広がっていくのを期待したい」 としている。
 ことし3月1日現在の有権者数は2万951票。 仮に投票率が50%で低迷すると、 投票総数は約1万票。 これを両陣営で奪い合う格好となる。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る