ことしの青梅生産量見込みは前年比67%

 県内の梅生産者関係者と全国の市場関係者らが平成24年産の青梅について情報交換する販売協議会 (県農主催) が10日に田辺市内のホテルで開かれ、 県農はことしの状況について 「生産予想量は前年比67%の見込み。 ことしはかなり少ないことを踏まえたうえで販売してもらいたい」 と市場関係者らに報告した。 主産地のみなべいなみ農協管内でも 「生産予想量は前年の66%」 と説明した。
 販売会議は毎年、 梅の収穫前に開かれており、 ことしは県内の生産関係者と全国の市場関係者ら計約120人が出席。 県農らが梅の生育状況などについて説明した。
 着果については 「開花期間中の気象条件が悪かったため、 十分な受粉ができていなかったとみられる」 とし、 「4月24日に日高地方で行った調査では、 南高の着果数は前年や平年と比べていずれも53%だった。 西牟婁地方でも南高で前年比58%、 平年比64%とかなり低い数字となった」 と述べた。 県内の品種別の生産予想量では 「今後の気象変化や生理落果などにより大きく左右される」 としながらも、 「南高が3万3356㌧ (前年比66%)、 古城が968㌧ (同75%)、 小梅が1022㌧ (同84%)、 その他大梅が1049㌧ (同79%)」 と報告。 みなべいなみ農協管内でも、 主力商品の南高が1万4800㌧ (同66%)、 古城が122㌧ (同68%)、 小梅が42㌧ (同84%) としている。 全国主産地17県でも前年の82%とみている。 果実肥大については 「これまでは遅れていたが、 回復傾向にある。 平年より1週間程度遅れているものの、 前年並みに追いついた」と述べた。
 販売会議では県農の中家徹副会長が 「ことしは収量が減るという予想。生産地、消費地でも販売に関して先が見通せず、特異なシーズンになるかもしれない」とあいさつした。販売について産地からは 「できるだけ多く出荷できるように努力するが、ことしは量がかなり少なくなることを認識したうえで販売してもらいたい」と市場に要望。みなべいなみ農協は梅の出荷時期について「小梅は5月21日から、古城は同月25日からで、南高は時期は未定だが6月上旬からになる」と説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る