印南の清水さん 25日から喜寿書道展

 印南町印南原の専福寺前住職で、日本教育書道研究会正師範の清水正宣さん(76)の喜寿書道展が25日から3日間、市民文化会館で開かれる。清水さんが指導する書道の会、清風会(平田静香代表)が師への感謝を込めて主催。書歴45年の集大成として軸装、額装、大作の屏風などを出展、清風会会員の作品展も併設されるほか、毎日、清水さんによるテーマをかえての講話もある。
 清水さんは30歳を過ぎて由良町出身の書家、故大岡皓崖(こうがい)氏に師事。町公民館の館長を務めていた約30年前、公民館サークルで書道を指導するようになり、それが現在の清風会となって、いまも毎月2回、公民館と清水さんの自宅で練習を行っている。今回の書道展は師である清水さんへの感謝を込め、清風会の会員が資金を集めて開催。清水さんの掛け軸様式の軸装、額に作品が入った額装、屏風など約80点が出展される。屏風は2枚折りから最大6枚折りまであり、釈迦の16人の弟子の人柄をたたえる自作の詩のほか、春夏秋冬にちなんだ漢詩を選りすぐって書いた作品もある。
 清水さんの作品だけでなく、清風会の会員も作品展を併設する形で約60点を出展。また、会場では毎日午後2時から「こころのお話」と題する清水さんの講話があり、25日は「孤悲(恋)」、26日は「お乳(いのち)」、27日は「片想い(真実の愛)」をテーマに話をする。入場無料。作品展の時間は25・26日が午前10時から午後7時まで。27日は午前10時から午後4時まで。
 清水さんは「喜寿という節目の作品展に、清風会の皆さんが私を祝ってやろうと、自分たちも作品を書いて出展、私を押し上げてくれる気持ちがうれしいです。師匠について書道を学んで四十数年、私にとって新たなステージの始まり。釈迦の弟子の自作の詩など、私なりの仏教の解釈が少しでも作品を通じて伝えられればと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る