印南の清水さん 25日から喜寿書道展

 印南町印南原の専福寺前住職で、日本教育書道研究会正師範の清水正宣さん(76)の喜寿書道展が25日から3日間、市民文化会館で開かれる。清水さんが指導する書道の会、清風会(平田静香代表)が師への感謝を込めて主催。書歴45年の集大成として軸装、額装、大作の屏風などを出展、清風会会員の作品展も併設されるほか、毎日、清水さんによるテーマをかえての講話もある。
 清水さんは30歳を過ぎて由良町出身の書家、故大岡皓崖(こうがい)氏に師事。町公民館の館長を務めていた約30年前、公民館サークルで書道を指導するようになり、それが現在の清風会となって、いまも毎月2回、公民館と清水さんの自宅で練習を行っている。今回の書道展は師である清水さんへの感謝を込め、清風会の会員が資金を集めて開催。清水さんの掛け軸様式の軸装、額に作品が入った額装、屏風など約80点が出展される。屏風は2枚折りから最大6枚折りまであり、釈迦の16人の弟子の人柄をたたえる自作の詩のほか、春夏秋冬にちなんだ漢詩を選りすぐって書いた作品もある。
 清水さんの作品だけでなく、清風会の会員も作品展を併設する形で約60点を出展。また、会場では毎日午後2時から「こころのお話」と題する清水さんの講話があり、25日は「孤悲(恋)」、26日は「お乳(いのち)」、27日は「片想い(真実の愛)」をテーマに話をする。入場無料。作品展の時間は25・26日が午前10時から午後7時まで。27日は午前10時から午後4時まで。
 清水さんは「喜寿という節目の作品展に、清風会の皆さんが私を祝ってやろうと、自分たちも作品を書いて出展、私を押し上げてくれる気持ちがうれしいです。師匠について書道を学んで四十数年、私にとって新たなステージの始まり。釈迦の弟子の自作の詩など、私なりの仏教の解釈が少しでも作品を通じて伝えられればと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る