日高川町でふじまつり

 日高川町美山地区恒例のふじまつりは28日、 初湯川のリフレッシュエリアみやまの里森林公園で開幕。 好天にも恵まれ、 初日から日高地方をはじめ、 多くの行楽客でにぎわった。 主役のフジは、 寒さの影響からか桜同様にやや開花が遅れ、 初日は全体で3分咲き程度だが、 客足は上々。 1万3505人で過去最高だった昨年の人出を上回りそうだ。
 現在、紫の山フジで5分、遅咲きで40㌢以上にまで伸びる九尺フジは間もなく開花といった状況だが、早咲きの白の山フジはすでに満開を迎えている。
 森林公園内にあるフジ棚は長さ1646㍍あり、日本一長い花道として有名。初日から花道には白や紫のフジの花が甘い香りを漂わせながら垂れ下がり、地元をはじめ、県内や京阪神などから訪れた行楽客らを楽しませた。番茶サービスや美山の特産品など当たるお楽しみくじなど催しも盛りだくさん。会場では平安衣装の藤娘も登場し、案内したり記念撮影に応じるなどで催しを彩り、行楽客らは満足感いっぱいの様子だった。湯浅町から来た上野欽二さん(65)、貞代さん(65)夫婦は「県民の友を見て初めて来ましたが、本当に見事なフジ棚。とっても美しく幸せな気分になりますね」とにっこり話していた。
 フジのピークはゴールデンウイーク後半。ことしはいい花が咲く表年に当たることからひときわ美しく咲き誇る見通しで、来場者により一層の癒やしのひとときを提供する。ふじまつりは6日、フジ棚は13日まで。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る