うめ着果数、例年より2割以上減

 JAや県うめ研究所などで構成する日高果樹技術者協議会(佐原重広会長)は27日、うめ着果状況調査の結果を発表した。着果数は、過去10年の平均値に比べて2割以上の減。1~2月の低温と乾燥で開花が遅れたことが響き、生育ステージも例年に比べ1週間程度遅れている。農家によっては「着果は例年の半数程度で、近年にない不作」と心配そうに話している。
 調査は24・25の2日間、みなべ町130園、印南町20園、御坊市7園、日高川町19園の計176園で実施。協議会のメンバー20人が各園で平均的な木を1本選び、側枝2枝(直径2㌢程度)の枝先の着果数等を調査した。
 主要産地みなべ町の岩代・南部、上南部、高城、清川を含め、印南町、御坊市、日高川町すべての園地で着果数は少なく、過去10年平均値から2割以上も減。100節当たりの着果数が前年の半数程度という園地もあった。
 生育状況は昨年同様、例年に比べて1週間程度遅れており、高城や清川地区ではさらに遅れている。冷え込みが必要な昨年11月~12月の気温が高く、逆に少しでも温かくなってほしい1~2月にかけて冷え込みが厳しかったことが大きな要因。まだ硬核期(種が固まる時期)を迎えておらず、本来なら始まっている第2次生理落下も始まっていないという。一部の園地では「かいよう病」や「うどんこ病」の発生もみられた。
 農家は「着果は例年の半数程度。さらに生育も遅れており、このままでは不作といわざるを得ない。ようやく気温が高くなってきたので、今後生育がよくなって実が大きくなってくれればいいのだが…」と祈るように話している。同協議会では「着果状況は園地条件によって差はあるが、調査園地全体として例年より少ない。今後の気象条件によって、実が肥大すれば全体的な数量は変動するので、現時点では収穫量は予測できない」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る