御坊市長選 新人山本氏も事務所開設

 5月20日告示、27日投開票の市長選で新人山本勝也氏 (51) =島・飲食店経営=の後援会事務所開きが23日に湯川町財部の元スナック「オーブ」で行われ、支持者ら約80人(主催者発表)が集まった。山本氏は自身が掲げる7つの公約を説明し、「独裁政治を変えるため、悪の枢軸の市長派に立ち向かおう」などと、痛烈に現職批判を展開した。
 山本氏は「自分が立候補することになるとは思わなかったが、だれかが声を上げないと変わらない、変えれない。市民はいまの御坊に本当に満足しているのか、不満はないのかをこの選挙で問いたい」とし、「市民は柏木市長にだまされるな。防災対策に重点といっているが、市全体の防災訓練すらしていない。産廃問題でも周辺地域への説明や独自の環境アセス、業者との賠償・補償交渉をしていない。業者寄りになり過ぎで、業者と何らかの取引があったと疑われても仕方ない」などと、批判。さらに「市長を中心に幹部職員と取り巻きが独裁政治を行い、まるで北朝鮮の政治と同じ。選挙を取り仕切っているのが幹部職員と議員さんたち。こんなことがあってよいのか。だれも意見や文句を言えない状況になっている。悪の枢軸といっても過言ではない市長派がそんなに怖いのか。いまこそ御坊市民が立ち上がるとき。『夢のある御坊』『夢のかなえられる御坊』を目指して一緒に変えようじゃないですか」と呼びかけた。自身のキーワードとして「発信は御坊から、チェンジ、決断、行動、スピード」 も紹介した。公約は既報の通りで、「御坊布武」を旗印に市長報酬3割カット、多選防止の条例化など7本柱を掲げている。
 友人代表で橋本剛さん(36)もマイクを手にして、 「現職陣営は中央とのパイプを強調しているが、まず大切なのは市民とのパイプ。山本氏は市民との対話を掲げている。後援会の会長は置かないが、支持者1人1人が会長だと思って応援していこう」とゲキを飛ばした。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る