勝ちを次につなげる

 ヤクルトや阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんの語録に「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というのがある。先日の全日本少年軟式野球大会県予選大会で6年ぶり4回目の優勝を飾った日高オールスターズの戦いぶりは相手チームに「負けに不思議の負けなし」と思わせる内容だった。オールスターズは決勝を含む3試合で失策0。与四死球は計5。軟式野球は連打が難しく、長打も出にくい。四死球と失策から得点につながるケースが圧倒的だが、それがほとんどなかったから相手は「付け入る隙がなかった」と思ったはず。相手は6回まで被安打0で2失点したり失点に絡む失策が目立ち、「不思議な勝ち」のチャンスはなく、「負けに不思議の負けなし」と感じたことだろう。
 インターネットで調べてみると、野村語録で知られるこの言葉だが、野村監督自身の言葉ではなく、剣術書「剣談」からの引用だそうだ。その意味は「負ける時には何の理由もなく負けるわけではなく、何か負ける要素がある。逆に勝った時でも、何か負けにつながる要素があった可能性がある」。すなわち、負けた場合には理由が何だったのかを検証し、どうすれば改善できるか考える必要があり、勝った時でも負けにつながることはなかったかと反省がいるということ。勝っても次につなげられなければ名将とは呼ばれない。
 オールスターズは6月の近畿大会でレベルの高い大阪、滋賀に連勝しなければ8年ぶりの全国、横浜切符は得られない。県予選では攻撃に少し不安を残したのが反省点。あと2カ月弱で修正し、試合に臨んでほしい。とにかく残り2戦。ここまできたら不思議の勝ちでも何でもいいから勝ってもらいたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. うまぁ…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る