健康維持へ自分はスター

 「視線を浴びている人は若く見える」という人がいる。確かに、人に見られる仕事をする芸能人などは実際の年齢より若く見える人が多い気はする。ある年齢がくれば、少しでも若く見られたいと思うのは男女共通の願い。若さもさることながら、それ以上に万人の「少しでも長く健康でありたい」という願いも「人に見られている」と意識することが大事だそうだ。
 先月の市民教養講座。テレビリポーターの村上允俊さんが、「美しく健やかに100歳まで生き抜くために」をテーマに語った。筆者はいわゆるアラフォーで、そろそろ健康にも本気で気を配らなければならないと思っていただけに、興味津々に聴いた。村上さんは100歳の双子姉妹で話題となったきんさん・ぎんさんの取材から学んだ健康長寿の5つのポイントを伝授。最初の2つは「食事」と「運動」、続いて「自分の意思を曲げない頑固さを持つこと」「優柔不断にならずイエス・ノーをはっきり言うこと」。最後に挙げたのがびっくり、それは「自分がスターだと思い込むこと」だった。
 きんさん・ぎんさんは、テレビに出始めたころ、ファンに囲まれると恥ずかしそうにしていたが、次第に手を振る等ファンサービスが旺盛になっていったという。出演番組の視聴率を気にし、入院でお茶の間を遠ざかれば「人気が下がる」と心配したそうで、実際にも大スターであるのだが、自身でそう思い込み、「人に見られている」と意識することで、「うれしくてたまらないという感情がストレスを吹き飛ばし、免疫力もアップ、強いパワーが出ていたのだ」という。「人に見られている」と思えば人は変わる。若さも健康も手にできる。意識過剰は考え物だが、気分は憧れの俳優・女優のつもりで。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る