御坊の外食戦線激化

 外食好きに話題となっている市内湯川町財部の「餃子の王将」と「焼肉でん」(うなぎの川常東)が26日、薗の讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」(田辺運送跡地)が今月末にそれぞれオープンすることになった。ゴールデンウイーク前の開店で集客を図るのが狙いだが、市内ではすでに焼き肉やラーメン、寿司、牛丼、カレー屋など多くの店舗がしのぎを削っており、有名店の相次ぐ出店で外食戦線が一層激化しそうだ。
20120419王将①.jpg
県道御坊美山線沿いの王将とでん
20120419王将②.jpg
国道42号沿いの丸亀製麺
 餃子の王将と焼肉でんは㈱ゼンショク(本社・大阪)が経営。1棟の建物に2店舗がテナントとして入る格好となる。王将には「大阪王将」と「京都王将」があるが、今回の出店は京都王将で、ゼンショクがフランチャイズ店としてオープンする。おなじみのギョーザやラーメンなど中華料理のレストランとなる。焼肉でんは豊富なメニューや食べ放題で知られている。一方、丸亀製麺は㈱トリドール(本社・兵庫県)が経営。讃岐うどんにえび天やかき揚げなど好きなトッピングを選べるのが特徴となっている。いずれも和歌山や田辺市内ではすでにオープンしている外食店だが、日高地方への進出は初めて。大阪王将についてはすでにロマンシティのテナントで営業している。
 外食店の相次ぐ出店は消費者にとっては色んな味が楽しめてありがたい話で、市の税収アップや雇用の確保にもつながる。しかし、すでに出店している店舗にとっては大きな脅威。ただ、中には相乗効果で外食ブームを期待する見方もあるようだ。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る