日高新報杯Jrバレー 南部が6年連続優勝

 日高郡市ジュニアバレーボール連盟主催、 本社協賛の第12回日高新報杯兼第35回春季大会が15日に市立体育館など2会場で開催され、 17チームが参加して熱戦を繰り広げた。 新年度になって初めての公式戦。 南部Aが3月の県新人大会覇者らしい戦いぶりを見せ、 決勝で日高を下して6年連続9回目の優勝。 3位決定戦は内原が制した。
20120417バレー(優勝・南部).jpg
6連覇を決めた南部A
20120417バレー(準優勝・日高).jpg
銀メダルを胸に日高
 4グループに分かれて予選を行い、各グループ上位2チームが決勝トーナメントで熱戦を展開。選手たちはスタンドからの声援を受け、元気はつらつハッスルプレーを見せた。
 南部Aは予選2試合を快勝し、決勝トーナメントでも3試合すべてストレート勝ち。下村、谷口を中心にサーブが冴え、1月の郡市新人大会と同じカードとなった決勝も、尻上がりに調子を上げる田中のアタックで着実に得点を重ねた。日高も県新人大会3位の実力を発揮。決勝までの4試合をいずれもストレートで退け、決勝も川﨑のスパイクなどで粘ったが、リベンジはならなかった。
 南部Aの石井尚之監督は「春休み中の練習の成果が出せ、サーブがよかった」と笑顔を見せたが、「サーブレシーブが課題。全国大会へつながる今後の戦いに向けて鍛え直していきたい」と気を引き締め直していた。日高の﨑山忠士監督は「目標にしていた『拾ってつないで打ち抜くバレー』ができたと思う。残るシーズン、打倒南部で頑張りたい」と雪辱を誓っていた。
 3位決定戦は内原が川辺ひかり男子をストレートで破った。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る