学童野球春季大会日高予選 上南部が初優勝

 県軟式野球連盟学童部日高支部の第35回春季大会兼高円宮賜杯第32回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント日高支部予選は15日、御坊小学校グラウンドで準決勝、決勝が行われ、上南部が逆転で初優勝を飾った。準優勝は川辺西ビクトリーズ。両チームは5月19・20の2日間、新宮市で開かれる県大会に日高支部代表として出場する。
 ▽決勝
 上南部
  0000302―5
  4000000―4
 川辺西 

20120417野球優勝上南部.jpg
優勝の上南部のメンバー
20120417準優勝川辺西.jpg
準優勝の川辺西ビクトリーズのメンバー
 上南部は4点を追う5回、四球と2つの敵失で労せず2点を返すと、なおも2死三塁の好機に主砲の西山佳が中前へ弾き返し、この回3得点。1点差に詰め寄り流れを呼び込むと、最終7回、先頭打者の1番谷口が内野安打で出塁。2番栗原の三塁ゴロが、二塁への悪送球となり、谷口、栗原が一気に生還して逆転に成功した。先発松下は初回に失策もあって4点献上したが、2回から4回まで三者凡退。5回には満塁のピンチも二飛に打ち取り、最終回も3人で締めた。川辺西は初回、四球と敵失、スクイズをからめ、1安打で4得点し試合を優位に進めたが、追加点が奪えず、一歩届かなかった。
 上南部の宮本篤磨監督は「初回に4失点したが、選手が気持ちを切り替え、しっかり守ってリズムをつくれた。まさにチーム一丸の勝利」と満面の笑みで「県大会ではまずは1回戦突破を目標に頑張りたい」と闘志。川辺西の芝章監督は「4年生もメンバー入りしている中で、よくここまで頑張ってくれた。日高代表として県大会では粘りのある試合をしたい」と張り切っていた。
 準決勝の結果は上南部4―1湯川、川辺西8―2御坊(特別延長)。

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る