地域ぐるみの子育て支援

 小学生のころ、 学校の放課後は友だちと遊んだり、 習字やそろばんへ行ったり。 家に帰ると祖母がおり、 おやつにうどんを食べていた記憶がある。
 先日、由良町の学童保育所を取材した。学童保育は仕事等で昼間保護者が家庭にいない小学生を対象に放課後や長期休みに保護者に代わって行う保育。 筆者が子どものころは知らなかったし、 両親のころは保育所もなかったそう。 インターネットで調べると、 始まったのは戦前。 戦後の高度経済成長期における女性の社会進出に伴う共働き家庭の増加や核家族化の進行で 「カギっ子」 といわれる子どもが増え、 学校外での児童の教育の受け皿として需要が高まり法制化された。 いまは少子化対策として子育て支援事業に位置付けられている。
 由良町の学童保育所に来ている児童は新学期になって3人。 聞くと隣の日高町では40人を超えており、 利用の少なさにPRを兼ねて取材した。 畑中雅央町長が1期目の公約として導入し、 ことし3年目。 認知度が低いとは思えず、 苦情を聞いたこともない。 利用がいいこと・悪いことという問題ではないが、 まちによる利用者数の差は不思議なもの。 個人的に分析すると地理的条件や地域性が関係していると思った。
 由良の住宅地はほとんどが広域の幹線道路から離れており、 住民は普段見かけない顔 (不審者) に敏感な印象を受ける。 加えて人の流入が少なく近所に顔見知りが多く、 核家族でも近くに親族が住んでいるケースがほとんど。 人口減少が続くなか、 地域ぐるみの教育がしやすい環境にあり、 学童保育所内外で地域住民が参画しての子育て支援もいいと思う。     (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る