椿山ダムのしゅんせつも急務

 昨年9月の台風12号水害から7カ月余り。 日高川町皆瀬地区で被害に遭った自宅の修繕工事がようやく終わり、 居候させてもらっていた野口の嫁の実家から自宅へ帰ることになった。 全て流された家財道具はぼちぼち集めていくとして、 とりあえずひと段落。 この間、 会社の上司や同僚、 親戚、 友人、 取材先の人らに多大なご恩を受けたことを、 誠に失礼ながら紙面をお借りして深く御礼申し上げたい。 失くしたものはたくさんあったが、 皆さんの思いやりや優しさという何物にも代えがたい素晴らしい財産を得た気持ちだ。
 思い返せばあの9月5日の早朝は言葉を失くした。 避難していた皆瀬坂から下りてきて、 眼前に広がる日高川の凄まじい様子はいまも鮮明に脳裏によみがえる。 水位は何倍、 何十倍にも上昇し、 赤茶色の濁流が橋を壊し、 川沿いの道路や民家を飲み込んでいた。 ぼう然としながら遠くの方に目をやると、 2階近くまで激流で水没している自宅が見えた。
 当たり前だが、 こんな経験は二度としたくない。 そのための町や県の対策には大いに期待するところ。 そんな中、 県は水害を防ぐ要となる椿山ダムの新たな運用方法をまとめた。 これまで大雨時でも一定確保していた発電用の水を全て吐き出すことで、 ダムの治水能力を高めるそうだ。 どの程度の効果が期待できるのか分からないが、 台風12号のときのような大雨が降っても、 多少なりとも被害は軽減できると考えられる。 ただ、 一つ思うのは、 台風12号の水害でダム底には大量の土砂が堆積していると聞く。 これをしゅんせつして取り除かなければ、 ダムが本来持つ治水能力は発揮できない。 こちらも早急な対応を望む。         (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る