職場の技術改善 西端さんに文科大臣表彰

 優れたアイデアで職場の技術改善に貢献した人をたたえる文部科学大臣表彰受賞者が決まり、市内島の大洋化学㈱樹脂事業部グループリーダー西端秀記さん(50)=市内名田町野島=が創意工夫功労者賞に選ばれた。これまで廃棄処分を余儀なくされていた製品の製造過程で出るプラスチックの再利用を可能にする機械を開発したことが認められた。19日に県庁で表彰状の伝達式が行われる。
 勤続32年、 これまで麻雀卓の改良や牌の洗浄器など数々の開発を手がけ、 「大洋化学のエジソン」 といわれる西端さんが今回考案したのは、 製造過程で団子状になって出てきたプラスチックを薄く伸ばす機械。 スパゲティーの麺のようになるため、 愛称は 「パスタマシーン」 だ。
 同社はガス配管の継ぎ手やインスタントコーヒー瓶のフタなどさまざまなプラスチック製品を受注製造しているため、 扱う材料や色もさまざま。 ある製品を製造したあと、 同じ機械で別の製品を作るときには、 はじめの材料が残って混じらないよう、 出てくるプラスチックを 「捨てショット」 といって製品用にはせずにはねている。 破砕機で細かくすれば再利用できるが、 こぶし大の団子状で出てくるため、 破砕機には入らず、 再利用法を確立することが課題となっていた。
 西端さんは団子状のプラスチックが高温なうちに薄く伸ばすことができれば破砕機に入ると考え、 設計図を頭の中でイメージし、 自分で機械を組み上げて試作品を製造。 実際に使ってもらいながら15回の改良を重ね、 従業員が作業しやすい現在の形に仕上げた。 これにより、 これまで廃棄処分にかかっていた費用や手間が軽減され、 環境への付加も少なくなったという。 これらの功績が認められ、 昨年には県発明考案創意工夫賞を受賞していた。
 西端さんは 「構想から2年かけて完成できた。 扱う人が使いやすいことを常に心がけていますが、 これまでの取り組みが評価されてうれしいです」 と笑顔で、 「冷却方法などまだ改良点もあるので、 さらにいいものにしたい。 これからも使う人の立場になって、 多くの人に喜んでもらえる製品を作っていきたい」 とますます張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る