印南SAの売り上げが好調

 高速道路印南サービスエリア(SA)を運営する日高観光物産センター㈱は、平成23年度の売り上げをまとめた。上り(大阪方面)施設は1億7489万4686円で、前年度を0・25%上回るとともに4年連続で目標額を達成。22年4月にオープンした下り(白浜方面)も1億33万9906円で前年度を14・17%上回り、順調に推移している。
 上り施設はオープンした18年度が9186万9990円、19年度が1億3375万1649円(前年度比45・6%増)、20年度が1億5765万6054円(17・9%増)、21年度が1億7711万6655円(12・34%増)、22年度が1億7446万1156円(1・5%減)。23年度はわずかながらも前年度を上回り、目標の1億5000万円を達成。月別でみると台風12号があった22年9月が前年度比13%減と下回ったが、23年3月の18%増など他の月でカバー。物産販売、自販機、たばこ、食堂別でみると、自販機とたばこで若干の増減があったが、物産販売、食堂は前年度並みだった。利用者数は18万8793人で、前年度より2・76%アップした。
 下りは前年度の8788万8032円を1245万1874円上回り目標の8000万円を2年連続で達成。利用者数も1万9691人(14・46%)増加の15万5862人。オープンが22年4月末だったため、営業日数の違いから前年度との総売り上げの比較は難しいが、月別にみると9月と11月を除くすべての月で前年度を上回った。物産販売を中心に売り上げを伸ばしており、24年度もさらに売り上げ増に期待できる。
 同センターでは、「上りは、これまでETC割引や海南~有田間の4車線化などで利用者の増加に伴い売り上げが右肩上がりだったが、22年度、23年度とほぼ同じだったため、1億7500万円前後で落ち着きそう。目標は達成しており、十分安定した運営ができる水準にある」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る