ウメタの依岡さんに文部科学大臣賞

 優れたアイデアで職場の技術改善に貢献したとして、みなべ町山内、㈱ウメタの依岡秀次さん(49)=印南町山口=が文部科学大臣表彰の創意工夫功労者に選ばれた。梅加工の作業機器を改良し、生産効率や品質をアップさせた功績が認められた。依岡さんは「受賞できて光栄。今後も作業効率を上げるために問題意識を持って業務に励んでいきたい」と話している。19日に県庁で表彰状の伝達が行われる。
 職域の技術改善向上に貢献した従業員らを対象とした賞で、 本年度の受賞者は県内で7人。
 依岡さんは生産部漬け込み課に所属。 これまで仕事で使用する機器の改良などを会社に提案し、 商品の一定化や品質向上で成果を上げた。 梅干し製品の製造作業に使うクレーン機の改善では、 上からつるしてあった操作ボタンのコードが機器の一部と接触することが原因で異物が混入されたケースがあったことに着目 (異物が混じった商品はセンサーが感知し、 出荷はされなかった)。竿を利用してコードを機器から離れた場所でつるすことを思いつき、 会社に提案して取り入れられた。
 製品材料のシソを圧縮するプレス機でも、 以前はプレス面が老朽化しやすい鉄製だったがさびにくいステンレスに変更することを提案。 鉄の老朽化で発生する異物混入がなくなり、 品質向上につながった。
 このほか、 商品を入れる容器を従来の缶から段ボールに変更。 段ボールは折りたためるため工場内の省スペースができ、 作業効率をアップすることに成功した。 ベルトコンベア機のズレが生じないようにローラーからギアに変更するという改善も提案し、 取り入れられた。
 依岡さんは受賞の知らせを受け、 「ちょっとしたことで作業がしやすくなることがある。 やりにくい作業などを改善できるように、 今後もいろいろ考えていきたい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る