ウメタの依岡さんに文部科学大臣賞

 優れたアイデアで職場の技術改善に貢献したとして、みなべ町山内、㈱ウメタの依岡秀次さん(49)=印南町山口=が文部科学大臣表彰の創意工夫功労者に選ばれた。梅加工の作業機器を改良し、生産効率や品質をアップさせた功績が認められた。依岡さんは「受賞できて光栄。今後も作業効率を上げるために問題意識を持って業務に励んでいきたい」と話している。19日に県庁で表彰状の伝達が行われる。
 職域の技術改善向上に貢献した従業員らを対象とした賞で、 本年度の受賞者は県内で7人。
 依岡さんは生産部漬け込み課に所属。 これまで仕事で使用する機器の改良などを会社に提案し、 商品の一定化や品質向上で成果を上げた。 梅干し製品の製造作業に使うクレーン機の改善では、 上からつるしてあった操作ボタンのコードが機器の一部と接触することが原因で異物が混入されたケースがあったことに着目 (異物が混じった商品はセンサーが感知し、 出荷はされなかった)。竿を利用してコードを機器から離れた場所でつるすことを思いつき、 会社に提案して取り入れられた。
 製品材料のシソを圧縮するプレス機でも、 以前はプレス面が老朽化しやすい鉄製だったがさびにくいステンレスに変更することを提案。 鉄の老朽化で発生する異物混入がなくなり、 品質向上につながった。
 このほか、 商品を入れる容器を従来の缶から段ボールに変更。 段ボールは折りたためるため工場内の省スペースができ、 作業効率をアップすることに成功した。 ベルトコンベア機のズレが生じないようにローラーからギアに変更するという改善も提案し、 取り入れられた。
 依岡さんは受賞の知らせを受け、 「ちょっとしたことで作業がしやすくなることがある。 やりにくい作業などを改善できるように、 今後もいろいろ考えていきたい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る