印南SAのフル活用を

 高速道路印南SA (サービスエリア) の観光物産センター内レストランを経営するかどやが、 印南の特産ミニトマト 「優糖星」 を使った限定メニュー 「トマト味噌ラーメン」 (630円) を開発した。 高糖度の優糖星をじっくり煮込んで仕上げたトマトベースに、 特製のみそをブレンドし、 てんぷらにした優糖星やチーズ、 コーンなどがトッピングされている。 筆者も食べさせてもらった。 味噌とトマトという初めての味だったが、 チーズともマッチしておいしかった。 トマトの酸味が食欲をそそるので、 夏の暑い日でも食が進みそうだ。 取材中にもこのラーメンを求めて来店したお客さんがいたくらい、 ラーメン好きは早くも注目。 ブームに乗ってさらに人気が出そう。 かどやでは印南のエンドウを使った蒸しパンも販売するなど、 特産の加工販売に力を入れており、 今後も新たな商品の開発に意欲的だ。
 そんな印南SAの23年度売り上げがまとまり、 上り・下り施設とも前年度よりアップし、 利用者数も増加。 上りはオープン以来ほぼ右肩上がりで売り上げが伸び、 22年オープンの下りも順調。 景気が低迷する中でも着実に成果を伸ばしている。 最近では国交省が有田~御坊間の4車線化を発表し、 将来的には紀伊半島一周計画など今後の利用者増加への見通しも明るい。 印南町がバス停を設置し、白浜町の明光バス㈱が運行している大阪や京都などを往復する高速バスの利用者も順調に増えている。今後も観光、雇用などさまざまな面から新たな整備を検討していくとともに、日高地方の各自治体や団体もさらにフル活用し、 地域活性化の拠点として活躍することを期待したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る