JTBの月刊誌が鉄道と国政の田淵兄弟紹介

 旅行業大手のJTBグループの出版・情報販売事業会社、 JTBパブリッシングの月刊誌 「ノジュール」 4月号に、 昭和のはじめ、 御坊臨港鉄道 (現紀州鉄道) を開設した市内の実業家田淵榮次郎氏と、 榮次郎氏の弟で帝国議会代議士だった田淵豊吉氏を紹介する記事が掲載されている。
 明治6年 (1873) 生まれの榮次郎氏は、 小竹八幡神社前に江戸時代から続く造り酒屋 「伊勢屋」 の九代目主人で、 家業の酒造業のかたわら道路や宅地開発、 貸地業にも力を入れ、 大正時代には御坊で3番目の大地主に成長。 昭和4年に国鉄紀勢線が御坊駅まで開通、 榮次郎氏はこの御坊駅開設に合わせて御坊臨港鉄道株式会社を設立、 初代社長に就任し、 6年には日高川河口から御坊駅まで 「他人の土地を通らずに線路を敷いた」 という伝説の臨港鉄道が開業した。
 一方、 榮次郎氏の9つ下の弟、 豊吉氏は早稲田大を卒業後、 ドイツに留学。 帰国後、 大正9年に衆議院和歌山4区から初当選し、 昭和17年まで在職した。 無所属を貫きながら、 普通選挙の拡大や女性参政権の実現などを訴え、 最後は 「日本は負ける」 と大東亜戦争 (太平洋戦争) に反対。 東条英機をも敵に回してひるむことなく痛烈な野次を飛ばし、 懲罰4回という帝国議会の最多記録も残している。 地元の有権者は 「田淵仙人」と呼び、憲政史上屈指の名物議員を議会へ送り続け、「和歌山県人の道楽」 ともささやかれたという。
 榮次郎氏の孫で、 3年前に死去した十一代目順一郎氏の妻美榮子さん (79) は、 「伊勢屋はもうお酒を造っていませんし、 こうして紀州鉄道や御坊のまちの歴史とともに、 田淵家を取材、 執筆していただき、 あらためて田淵家もその時代その時代に合わせて事業をかえてきたんだなと感じます」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る