桜のある風景との出会い

 「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき」 とは、 与謝野晶子の有名な短歌。 平安の昔から近現代に至るまで、 詩歌の題材としても桜は定番である◆母が短歌を趣味としている。 病気で手足が不自由になってから旅行など思うにまかせないが、 自分の目でじかに自然の風景を見なければ歌は詠めないとのことで、 毎年桜の季節には車に乗せてあちこち回る◆日の岬、 道成寺など本紙HPで紹介している名所以外にも、 桜の美しい場所は多い。 印南町、 新大峠トンネルを抜けて古井へ下る坂道。 日高町、 比井から方杭を通り柏へ抜ける山道。 わざわざ見に来る人などそうはいないようだが、 山里の澄んだ空気の中でただひたすらに咲き満ちて空に映える花々には、 気高いまでの華やぎがある。 誰の目も気にせず、 自身の生を思いきり謳歌しているように◆今までに見た桜で印象深いのは、 京都で学生生活を始めた時に見た、 鴨川沿いの薄紅色の雲のような桜並木。 一寸法師の絵本のようにのどかで愛らしい風景だと、 新生活への期待のこもった浮き立つ思いで眺めた。 桜のある風景は、 その時の状況と一体化して蘇る。 中学校の国語の授業で、 東山魁夷の随筆 「風景との出会い」 を習った。 「 (名勝よりも) 人は、 もっとさりげない風景の中に、 親しく深く心を通わせあえる場所が見いだされるはずである」 との一文で結ばれていた◆短い期間の中で、 生命の充実の美しさを存分に見せてくれる。 そこが、 この日本人が最も愛する花の本分なのだろうか。 誰にとってもいろいろ思い入れのある花である。 俳聖・松尾芭蕉にこんな句がある。 「さまざまの事思ひだす桜かな」 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る