日高川へ稚アユ6万匹放流

 日本一早い5月1日のアユ漁の解禁に向け、日高川町松瀬、日高川漁業協同組合(大杉達組合長)は5日、日高川に稚魚6万匹を放流した。
 日高川の支流、寒川と丹生ノ川で行った先月29日に続いて今シーズン2回目。昨年9月の台風12号で施設は壊滅的被害を受けたため、稚アユは施設内で日高川のアユを人工ふ化させた「日高川ブランド」ではなく、県内の近畿大学の施設や徳島県内などから導入した日高川に近い系列の稚アユで、施設内の飼育施設で10㌢前後まで育成した。この日、田辺市龍神村の広井原から日高川町皆瀬までの6ポイントで、漁協関係者がバケツやホースを使って放流=写真=。水面で銀鱗が勢いよく跳ね、元気いっぱいに泳いでいった。
 漁協では、きょう6日も龍神村安井から宮代まで6万匹を放流するが、解禁までにダム上流に120万匹、下流40万匹の計160万匹を予定している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る