美浜町の地引き網 海藻付着に漁師悲鳴

 美浜町、 煙樹ケ浜の沖合いでアオサとみられる緑色の海藻が大量発生し、 シラスの地引き網漁業に深刻な打撃を与えている。 先月中旬から引き揚げる網に付着するようになり、 シラスや他の魚が入っても商品にならないという状態が半月以上。 漁業者は 「こんなことは初めて。 毎日毎日、 むごい話や…」 とがっくり肩を落とし、 連絡を受けた町と県が原因解明に乗り出した。
 アオサは緑色の海藻の一種で、 一般的に潮の満ち引きのある浅い海中の岩場、 磯などに付着して繁殖。 まれに海水に浮遊した状態で成長・繁殖する場合もあるという。 煙樹ケ浜では、 東側から浜ノ瀬、 吉原、 和田の3組が地引き網漁を行っているが、 アオサが網に付着しているのは浜ノ瀬だけ。 浜ノ瀬の組は毎朝6時ごろから、 浜から南へまっすぐ、 関電御坊発電所先の鰹島灯台を越えたあたりに網を置いて引くが、 先月中旬から網に緑色のアオサがびっしりと付着するようになった。 魚はほとんど入らず、 とれた魚も商品にならないため、 漁師は 「漁は海が穏やかな日しかできず、 せっかく漁に出てもこの調子では飯の食い上げ」 と、 原因不明のアオサに頭を抱えている。
 浜ノ瀬の網の責任者、 中村敏雄さん(72) によると、 アオサは普通、 磯のあるところに発生するが、 なぜか磯のある吉原や和田の網には付かず、 砂浜ばかりで岩や磯がない浜ノ瀬の網にだけ付いてくる。 「50年ほど地引き網漁をしているが、 これだけ大量に長期間にわたってアオサが付くのは初めて。 自然に発生したのなら、 うちの網にだけ付くのはおかしい。 なんらかの人為的な原因があるのでは」 と話す。
 2日朝には連絡を受けた町と日高振興局の水産担当職員が網の状態を確認。 アオサとみられる海藻は県の水産試験場へ送り、 種類を特定、 発生原因等を調べることになった。

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る