美浜町の地引き網 海藻付着に漁師悲鳴

 美浜町、 煙樹ケ浜の沖合いでアオサとみられる緑色の海藻が大量発生し、 シラスの地引き網漁業に深刻な打撃を与えている。 先月中旬から引き揚げる網に付着するようになり、 シラスや他の魚が入っても商品にならないという状態が半月以上。 漁業者は 「こんなことは初めて。 毎日毎日、 むごい話や…」 とがっくり肩を落とし、 連絡を受けた町と県が原因解明に乗り出した。
 アオサは緑色の海藻の一種で、 一般的に潮の満ち引きのある浅い海中の岩場、 磯などに付着して繁殖。 まれに海水に浮遊した状態で成長・繁殖する場合もあるという。 煙樹ケ浜では、 東側から浜ノ瀬、 吉原、 和田の3組が地引き網漁を行っているが、 アオサが網に付着しているのは浜ノ瀬だけ。 浜ノ瀬の組は毎朝6時ごろから、 浜から南へまっすぐ、 関電御坊発電所先の鰹島灯台を越えたあたりに網を置いて引くが、 先月中旬から網に緑色のアオサがびっしりと付着するようになった。 魚はほとんど入らず、 とれた魚も商品にならないため、 漁師は 「漁は海が穏やかな日しかできず、 せっかく漁に出てもこの調子では飯の食い上げ」 と、 原因不明のアオサに頭を抱えている。
 浜ノ瀬の網の責任者、 中村敏雄さん(72) によると、 アオサは普通、 磯のあるところに発生するが、 なぜか磯のある吉原や和田の網には付かず、 砂浜ばかりで岩や磯がない浜ノ瀬の網にだけ付いてくる。 「50年ほど地引き網漁をしているが、 これだけ大量に長期間にわたってアオサが付くのは初めて。 自然に発生したのなら、 うちの網にだけ付くのはおかしい。 なんらかの人為的な原因があるのでは」 と話す。
 2日朝には連絡を受けた町と日高振興局の水産担当職員が網の状態を確認。 アオサとみられる海藻は県の水産試験場へ送り、 種類を特定、 発生原因等を調べることになった。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る