美浜町は避難場所の確保が課題

 津波高が従来想定の3倍近い17・9㍍となった美浜町は、 24年度で新設された防災企画課が情報の収集に追われている。 町は6月以降にも公表される国の中央防災会議の想定を待って、 県とともに新たな地域防災計画を策定するが、 沿岸部に高台や高い建物がないため、 避難場所の確保が大きな課題となる。
 従来の想定 (津波高6・6㍍) では、 日高川の河口に近い浜ノ瀬地区東部、 田井畑、 上田井、 入山、 三尾の一部などが浸水予測エリアとなっていたが、 今回の17・9㍍の巨大津波となると、 従来は越えないとみられていた煙樹ケ浜と松林も乗り越えて押し寄せる可能性があり、 三尾地区も含め町内ほぼ全域が浸水エリアとなる。
 住宅が密集する和田地区には公共施設以外に高い建物はほとんどなく、 町は本年度、 松原小校舎と和田小校舎に屋上へ避難するための外階段を設置する予定。 しかし、 和田小の屋上は20・7㍍、 松原小の屋上は17・5㍍しかなく、 これについても再検討の対象となりそうだ。
 防災企画課の西岡照光課長は 「現時点ではまだこの数字が公表されただけで、 詳しい説明は受けていないので、 いますぐどうこうするとはいいにくい。 確率は低いものの、 これだけ大きな津波が押し寄せるとなれば、 美浜町だけでなく、 御坊市や日高町、 県とも連携して広域で対策を進めなければならない」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る