女子プロゴルフ 坂口さんがツアー復帰へ意欲

 印南町美里出身の女子プロゴルファー坂口由佳さん(35)が31日、約1年ぶりに帰省し、今シーズンにかける熱い思いを語った。5年ぶりのツアー復帰を目指した昨年のQT(予選ラウンド)は2回戦でまさかの敗退。これまでにない悔しさを味わったが、気持ちを切り替え、クラブも新しくして心機一転。目標はもちろん来年のシード権獲得で、「地元の皆さんに活躍している姿を見せたい」と6年ぶりの復活へ燃えている。
 昨年11月のQTは、最終4回戦まであるうち、3回戦にも進めなかった。「いままでで一番悪い成績だった。順調に調整できていただけに、精神的なダメージは相当でした」と振り返り、トレーナーと3日間かけてとことん話し合い、再び前を向いていくことを決心した。QTでの反省点から、いまはドライバーの飛距離アップを目指し、体幹や瞬発力を鍛えるトレーニングに励んでいる。
 プロ13年目、若さで突っ走ってきたころとは違い、いまは週3~4日は練習場で子どもから大人までを指導するなど忙しい合間を縫って自分のレベルアップを図る毎日。12年愛用したメーカーのクラブから、別のクラブに変更し、気分も一新。「体調はいいし、これまでやってきたトレーニングで土台はできている。とにかく実践でのカンを取り戻すため、試合に出たいです」と気合十分。当面の目標は7月下旬の女子プロ選手権、8月上旬の女子オープンの2大会の予選会を突破して本選に出場すること。「とくに女子プロ選手権は関西で開催されますので、狭き門ですがなんとか予選を突破して、皆さんの期待に応えたい」と張り切っており、「最終目標は11月のQTを通過して来年のツアーシード権を獲得すること。もう一度大舞台に立って思いっきりプレーしたい。目標に向かって頑張りますので、応援よろしくお願いします」と力を込めて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る