女子プロゴルフ 坂口さんがツアー復帰へ意欲

 印南町美里出身の女子プロゴルファー坂口由佳さん(35)が31日、約1年ぶりに帰省し、今シーズンにかける熱い思いを語った。5年ぶりのツアー復帰を目指した昨年のQT(予選ラウンド)は2回戦でまさかの敗退。これまでにない悔しさを味わったが、気持ちを切り替え、クラブも新しくして心機一転。目標はもちろん来年のシード権獲得で、「地元の皆さんに活躍している姿を見せたい」と6年ぶりの復活へ燃えている。
 昨年11月のQTは、最終4回戦まであるうち、3回戦にも進めなかった。「いままでで一番悪い成績だった。順調に調整できていただけに、精神的なダメージは相当でした」と振り返り、トレーナーと3日間かけてとことん話し合い、再び前を向いていくことを決心した。QTでの反省点から、いまはドライバーの飛距離アップを目指し、体幹や瞬発力を鍛えるトレーニングに励んでいる。
 プロ13年目、若さで突っ走ってきたころとは違い、いまは週3~4日は練習場で子どもから大人までを指導するなど忙しい合間を縫って自分のレベルアップを図る毎日。12年愛用したメーカーのクラブから、別のクラブに変更し、気分も一新。「体調はいいし、これまでやってきたトレーニングで土台はできている。とにかく実践でのカンを取り戻すため、試合に出たいです」と気合十分。当面の目標は7月下旬の女子プロ選手権、8月上旬の女子オープンの2大会の予選会を突破して本選に出場すること。「とくに女子プロ選手権は関西で開催されますので、狭き門ですがなんとか予選を突破して、皆さんの期待に応えたい」と張り切っており、「最終目標は11月のQTを通過して来年のツアーシード権を獲得すること。もう一度大舞台に立って思いっきりプレーしたい。目標に向かって頑張りますので、応援よろしくお願いします」と力を込めて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る