市長選は継続VS変革の戦いへ

 さまざまなうわさや出馬、 擁立の動きが出ては消えていた市長選が、 ついに選挙戦に突入する。 島の新人男性 (51) が出馬するためで、 現職柏木征夫氏 (71) との一騎打ちが濃厚とみられている。
 柏木氏の市政を振り返ると、 住民サービスの低下を招かない行革の断行を進めてきたのが大きな功績だと思う。 派手な事業やパフォーマンスはないが、 厳しい財政状況で使える予算が限られている中、 年間予算を切り詰め、 職員も大幅に削減。 自らの給料もカットするなどでやり繰り上手な市長といえる。 そんな中も日高港への大型客船の誘致、 御坊工業団地への企業誘致、 第二火電中止に伴う財政交渉などでも手腕を発揮。 よくいえば自身の公約にもある 「安定」 した市政だといえ、 それがここ16年間の無投票につながったのだろう。
 しかし、 やはりよく耳にするのは多選やマンネリへの批判の声。 今回の新人男性も一つは無投票阻止が狙い。 さらに 「人口が減って若者が少なく元気がない。 何とか御坊を変えなアカン」 という思いからの出馬だ。 ここ数年は全国的に見ても自民党から民主党へ政権が交代したり、 日高地方でも選挙があれば首長が変わるなど、 変革ムードがあるのは確か。 昨年4月、 24年ぶりに選挙戦となった県議選市部では現職の圧勝で議席を守ったが、 今回の市長選ではどうなるのか注目したい。
 いずれにしても継続VS変革の戦いの構図になる。 選挙戦は支持者らにとって大変なことだと思うが、 まちの活性化を考えるならあってしかるべき。 有権者にとっても自分たちの住むまちについていま一度考え直すいい機会になると思う。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る