御坊ジュニアタイガース 全国準優勝

 ボーイズリーグ小学部の第42回日本少年野球春季全国大会の決勝戦が28日に東京の大田スタジアムで行われ、御坊ジュニアタイガースが岡崎葵ボーイズ(静岡・愛知東)と対戦。序盤に大量失点を許して波に乗り切れずコールド負けとなったが、創部9年目、同大会では4度目の挑戦で堂々の準優勝。グッドマナー優賞も受賞し、山﨑幸二代表らは「よく頑張った。胸を張りたい」と選手をたたえている。
 1回戦から決勝までの4試合すべてコールド勝ちし、実力の高さを見せつけてきたタイガースだが、相手は今大会2連覇中で、本年度夏の全国覇者。さらにアンダーアーマーカップ全国小学生硬式野球交流大会も優勝している超強豪。初の決勝の舞台で硬さも目立った。
 予選を含めて好投してきた先発のエース大星は1回、先制タイムリーを許し、なおも1死二、三塁のピンチは、二塁手・湯川の好守備に助けられて1失点でしのいだが、2回に相手打線が爆発。長短打を集められ、大星と途中で後を引き継いだ山本合わせて、この回計6失点。序盤で主導権を握られた。
 打線は1回、先頭打者長井が安打で出塁し、盗塁と犠打で1死3塁の好機を作ったが、クリーンアップが倒れて無得点。2回も2死一、二塁と攻め立てたが後が続かず、3回には2死満塁の絶好機に6番柳瀬の打球は右翼を強烈に襲ったが、攻守に阻まれ万事休す。0―7(4回コールド)で敗れたが、見せ場たっぷりの内容で観客を沸かせた。
 今大会に参加した小学部22チーム、中学部43チームの計65チームの中で、礼儀などグラウンド内外で最もマナーのよかったチームに贈られるグッドマナー優賞にも輝いた。
 垣内諭監督は「決勝戦は悔しい結果になったが、子どもたちは精いっぱい頑張った。負けはしたが全国準優勝を誇りに思う」と選手の頑張りをたたえ、垣内翔主将は「今回は負けてしまったけど、中学生で全国大会に来て、今度は絶対に優勝したい」と早くも次の目標に向かってこぶしを握っている。山﨑代表は「決勝は相手が何もかも上回っていた。完敗ですが、創部9年目で準優勝できたことがうれしい。これからも全国制覇目指して頑張っていきたい」と決意を新たにしている。御坊ジュニアタイガースのメンバーは次の皆さん。
 山﨑幸二(代表)、垣内諭(監督)、北山和也(コーチ)、仲千治(マネジャー)、鈴子未来、山本勝生、大星博暉、小竹達也、片原啄勝、柳瀬稜人、久保伊吹、中野聖那、湯川晃生、井元勘太、垣内翔、長井良樹、嶝晴城、太田龍、朝間礼、垣内直、榎本龍人、渡瀬大志、大川海輝、中島大輔、白綛葵、平井祐次郎、小川泰二郎、太田怜、白綛美桜

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る