御坊の産廃処分場計画に反対署名続々

 市内森岡産業廃棄物処分場建設計画に反対している有志の「塩屋産廃の中止を求める塩屋の会」(塩谷真一・松村德夫・橋本厚洋代表世話人)が29日に市役所で記者会見を行い、北塩屋など4地区で実施した反対署名運動に全世帯のうち65%が賛同したことを報告した。森岡の周辺地区で反対の声が過半数を占めており、近く同計画に意見具申する柏木征夫市長や建設認可権者の仁坂吉伸知事らの判断が注目されそうだ。
 塩屋の会は産廃問題の学習会を開くとともに、ことし1月から森岡の周辺地区に住む成人を対象に署名活動を実施。今月25日までに北塩屋185世帯(全体の65%)、南塩屋252世帯(75%)、湊65世帯(46%)、猪野々24世帯(57%)の合計526世帯(65%)から賛同を得た。人数にすると1000人以上。湊は過半数に達していないが、留守のアパートが多く訪問できていないためとしており、実際に会えた人からの反応は「9割以上は産廃に反対だった」としている。これを受けて同会は近く柏木市長や仁坂知事への陳情を予定しているほか、6月にも市議会へ請願を提出する。地元では中止を求めるポスターや看板の設置も進めていく。この日会見した塩谷さんらは「産廃処分場で汚染水が漏れるなどの被害が出たときは、森岡から王子川の下流にあたる塩屋や海に影響が出る。御坊全体にも風評被害が出る。100%安全な施設はなく大きな不安だ。森岡区や地権者だけで建設するかどうかを判断する問題ではない。負の遺産を子や孫に残したくない」などと訴えている。
 現在、建設に向けては森岡区と地権者が合意している状況。法的に必要な残る手続きは県の認可で、県はこれまで環境影響調査や専門家から意見を聞いたりしてきた。今後は5月のゴールデンウイーク前にも建設計画を縦覧するとともに柏木市長と隣接の印南町の日裏勝己町長に意見を聞いた上で、最終的に認可の判断を下す。今月15日の議会一般質問で柏木市長は「環境汚染の恐れがないかなど、十分に精査して対応したい」と述べるにとどまっている。塩屋の会では「中止させるためにはまず市長にノーを表明してもらい、それを受けて知事に判断してもらいたい」と話している。
 一方、産廃を計画している大栄環境㈱(本社=大阪)では周辺地区での説明会の開催を予定している。

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る