夢があるから頑張れる

 ことし7月、世界のトップアスリートが集うスポーツの祭典、ロンドンオリンピックが開催される。筆者自身もスポーツは好きで、今夏はテレビ画面に夢中になりそう。出場する団体や個人の選考も大詰めで、すでに日本のサッカーチーム等の出場が決定。個人でもマラソンの藤原新選手らが選考会で選ばれた。カンボジア国籍を取得してマラソンに出場する猫ひろしさんにも注目したい。日本人選手にはメダルの獲得を期待する。
 先日、テレビで競泳選手の萩原智子さんを特集した番組を見た。読者のなかにもご覧になった方はいると思う。萩原選手は平成12年のシドニーオリンピックに出場。大きな期待が寄せられたが、200㍍背泳ぎで4位と惜しくもメダルを逃した。4年後のアテネには出場することができず、その後に引退を表明したものの、オリンピックの舞台が忘れられずに21年に27歳で5年ぶり現役復帰。しかし、昨年の3月には子宮内膜症が発覚。入院生活を余儀なくされたが、退院後は再びトレーニングに励み、ことし2月には50㍍自由形で自身の持つ日本記録を更新した。
 番組では不屈の精神で挑戦する姿が映され、インタビューで「頑張れた理由は、オリンピックの舞台があるから」と話した言葉が印象に残った。
 誰でも何かで一度ぐらいは「苦しいからやめたい」と思ったことはあるはず。しかし、それを打ち消すのは自分が持っている目標や夢への情熱の大きさ。4月からは進学や就職で新しい世界に入る人も多い。新生活では困難やトラブルはつきもの。それを克服して充実した生活が送れるかどうかは自分自身の能力ではなく、気持ちの強さにかかっている。
       (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る