煙樹ケ浜の水際地雷訓練実施へ

 近畿中部防衛局が27日に美浜町役場を訪れ、 議員らに陸上自衛隊が煙樹ケ浜で計画している懸案の水際地雷敷設訓練の実施に向けて、 関係する地元紀州日高漁協と三尾漁協の同意を得たことを報告した。 計画が浮上して実に9年越しのゴーサインで、 24年度中にも第1弾の訓練を予定している。 ただ、 かねて一部住民からは根強い反対の声があり、 今後一層反発が強まりそうだ。
 煙樹ケ浜での訓練計画は平成15年から持ち上がり、 自衛隊は和田にあった施設隊を第304水際障害中隊に改編し、 水際地雷敷設車3台の配備、 専用工場の建設を進めるなどで準備。 18年にはデモ訓練も行って漁業関係者や地元住民の理解を求めてきた。 訓練の実施に向けては地元漁協の同意のほかに、 煙樹ケ浜を管理する県の認可が必要となるが、 かねて仁坂吉伸知事は訓練の受け入れに前向き姿勢で認可を下ろすとみられ、 漁協の合意が事実上のゴーサインとなる。 関係者によると漁業者には一定の補償も出される方向でまとまっているという。 訓練は24年度のいつになるのかは未定。 水際地雷敷設車を投入し、 陸上部分100㍍×200㍍の広さを使って60日間、 海上部分1㌔×2㌔の広さで80日間行う。
 今回の報告を受けて美浜町の森下誠史町長は 「和田の自衛隊は訓練ができないため存続が危ぶまれていた。 本県でも大規模地震がいわれている中で、 いざというときに自衛隊の協力を得なければならないが、 地元に自衛隊があれば心強い」 と話している。 平成18年に賛成決議をしている町議会からはこの日特に質問もなく、 高垣典生議長は 「自衛隊には公共工事のお手伝いもしてもらっている。 早期に訓練が実施できることを期待している」 としている。 ただ、 共産党日高地方議員団や地元の美浜の自然を守る会など訓練の実施に反対している団体もある。 同党の楠本文郎市議は 「この訓練は攻め込まれたときの防衛のためだけでなく、 攻め込むときの戦法としても使える。 戦争を前提にした訓練だ」 と警戒を強めており、 「抗議声明を出して反発していきたい」 としている。

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る