一本道をゆく心の輝き

 長年記者をしていると、 取材対象の子どもたちの成長をリアルタイムで見られる。 身近でずっと見ているのと違い、 1年ごとのペースだとぐっと大人びていることに驚いたりする◆30代や40代の5~6年、 10代以下の5~6年の違いは大きい。 珠算や書道で小1の時に初めて取材した子が時を経て中学生になり、 きりっとした制服姿を見せてくれる。 あどけなかった顔を思い浮かべると感慨深い。 記事になるほどの成果を出し続けるには努力の継続が必要。 珠算も書道もすぐにやめてしまった筆者は敬服するばかりである◆ 「継続は力なり」 の出典はあまり知られていない。 調べると、 大正から昭和にかけて活動した宗教家住岡夜晃の「讃嘆の詩」だった。「継続は力なり(略)ただ一本道を走ってゆけ/一心になった時 何かができる/一本道になった時 腰がきまる/腰がきまった時 その心に輝きが出る」◆先日、 日高高校箏曲部の定演に観客として足を運んだ。 取材担当を離れて8年だが、 舞台に向かうたび、 研ぎ澄まされた音の世界への感動をもらえる。 昨年8月の全国高校総合文化祭で文化庁長官賞を受賞、 国立劇場で演奏。 5年連続の上位入賞となった。 これは同文化祭の歴史でも他に例がないという◆演奏する姿を見ていると、 「一心に」 という表現が自然に思い浮かぶ。 その姿勢が音に輝きを与えるのだろう。 部員が入れ替わろうともその心が受け継がれているからこそ、 個人を超えて 「継続は力なり」 が実現できる◆個人でもグループでも、 長い時間かけて取り組むことでのみ身につく財産は確かにある。 それを目の当たりにすることは、 多くの人にとっても力になる。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る