御坊で精神障害者の地域移行研修会

 住民の理解や協力を得ながら行政、 医療、 福祉の関係機関が連携して取り組む新たな精神障害者の地域移行支援事業 「ACT」 が注目を集めるなか、 社会福祉法人太陽福祉会 (東田博之理事長) が24日、 市中央公民館で地域移行に関する研修会を開催。 訪問看護ステーションなど民間機関の協働による国内初の活動集団、 ACT―K (京都市) の看護師を講師に招き、 日高地方を中心に県内各地の病院看護師や作業療法士、 行政関係者ら約50人が参加した。
 ACTとは、 Assertive Community Treatmentの頭文字で、 「包括型地域生活支援プログラム」 と訳され、 看護師、 精神保健福祉士、 作業療法士、 精神科医、 就労支援担当者らさまざまな職種のチームでサービスが提供される。
 ACT―Kは、 往診専門診療所のたかぎクリニック、 ねこのて訪問看護ステーション、 NPO法人京都メンタルケア・アクションの3つの組織が連携する日本で初めての民間の取り組み。 今回の研修会には、 利用者を訪問しているねこのて訪問看護ステーションの看護師、 福山敦子さんと宮脇真理子さんが招かれ、 実際の訪問事例を報告した。
 福山さんは、 統合失調症と診断を受けた40代の男性の事例を紹介。 当初の訪問で素直さ、 根気強さ、 几帳面さなど男性のストレングス (長所や強み) を知り、 それを伸ばすかかわりをひたすら続けることで、 男性自身がステップアップを望むようになったと説明。 「男性に出会ったころはどうしようもない状態だと思いましたが、 繰り返し話しかけ、 穏やかな時間を共有するなかで、 支援者の思いを感じとる心のスキがあることを実感しました。 どんな状態の人でもかかわりの糸口はあります」 とし、 ACTのスタッフとして地域に出たことで 「病院ではできない対等の立場で支援ができ、 家族との密着や住環境など生活の中のささいなことが原因で精神症状が悪化することがわかりました。 利用者とかかわることで自分も元気になり、 毎日が楽しいです」 などと話した。
 参加した精神保健師や看護師は 「ACTの具体的な話を聞くことができてすごく勉強になりました」 と話し、 車による外出支援 (ドライブ) の効果と事故対応の備え、 利用者の長所を見つけるための日々のトレーニングなど多くの質問が出た。

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る