思い出を心に未来へ

 3月31日で担当する由良町の畑小学校が閉校になる。 前身となる学校が明治8年に開校し、 137年の歴史に終止符。 25日に閉校式があり、 児童や地域住民ら約200人が集まった。
 本年度の卒業生が入学した頃から担当させてもらった学校。 地域とのつながりや連携が強く、 運動会、 農作物品評会には保護者だけでなく校区内の子どもからお年寄りまでが参加する。 地域ぐるみでの教育がなされ、 地域にとっては心のよりどころ、 文化の拠点とされていた。 少子化が進むなか児童数が減り、 統合という結論が出されたが、 児童や保護者だけでなく、 区民の思いもひとしお。 閉校式では目をハンカチで押さえる人の姿もあった。
 閉校式が終わり、体育館や校舎に残っていた方に話を聞いた。皆さん名前は教えてくれなかったが、戦時中の食糧不足で運動場にイモを植えた、ハワイからの支援物資にお世話になった、 講堂しかなく他校のグラウンドで運動会をした、 卒業してからもよく来させてもらった、 親子4代で卒業生…。 胸が熱くなった。
 振り返ると、 畑小の児童は皆いつも大きな声であいさつしてくれた。 人数が少ないため名前と顔をすぐ覚えられる。 歌をうたうときはそろってビシッと肩幅に足を開き、少し恥ずかしがっていた。素直でかわいく、子どもらしいという印象がある。 最後に児童の代表が「(卒業生の)祖父と父に共通する言葉がありました。 それは 『畑小学校が大好きだった』です」 と述べた。畑小の思い出は皆さんの心に永遠に刻み込まれるだろう。そして、「新たな学校生活を頑張ります」。新たな学校に通う子どもたちに心豊かな未来を願う。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る