御坊市町選 新人山本氏が出馬表明

 5月20日告示、 27日投開票の市長選で、 新人の山本勝也氏 (51) =島・飲食店経営=が23日に出馬を表明。 若者定住や少子化対策を公約に掲げ、 「夢のある御坊へ根本的に行政のあり方を変えなアカン」 と決意を語った。 これで現職柏木征夫氏 (71) =5期=との16年ぶりの選挙戦突入が確定的となっている。
 山本氏は 「昨年亡くなった市議の上田季児先生に仲人をしてもらった関係もあり、 政治、 経済の勉強を長年させてもらった。私の政治の原点はそこにあるが、 ただ上田先生と考え方が違うところもある。 まさか自分が市長選に出るとは思っていなかったが、 ことしに入って学生から 『御坊には仕事がないからいてられない』 という声を聞くようになり、 1カ月前に自分の中で出馬しようと決意した」 とし、 「一般からも議会からも誰も声を上げない。 みんな本当に満足しているのか。 満足していないけど現職の支援体制の中で声を上げられないのではないか。 誰かが出なければならない。 出馬阻止の圧力はあるが、 引く気はない」 などと、 出馬への意思が固いことを強調した。
 自身が掲げる公約は具体的にまとまっていないが、 「働く場所を確保して若者定住を進めたい。 若い世代が高齢者を支え、 高齢者が若い世代を見守ってくれるようなまちにしたい。 また、 独自の少子化対策で子どもを増やしたい。 教育やスポーツ面でも、 もっと市が支援できることはあるはず」 と意欲。 「花のまち御坊を発信するために花の新品種開発を進めればどうかと考えている。 漁業は水産加工に力を入れるべき」 などと、 農漁業の振興も考えている。 御坊で問題になっている使用済み核燃料中間貯蔵施設については 「とてもナイーブな問題。 どこかで貯蔵する場所が必要というのは分かるが、 御坊がどうというより国全体で考えるべきこと。 もちろん御坊の市民がノーといえばノー。 私自身の考えは白紙」 と説明した。 最後に 「選挙をすれば100対0という厳しい勝負になるかもしれない。 いまは桶狭間の戦いで今川義元を破った織田信長のような心境。 でも出る限りは勝ちたい。 『天下布武』 という言葉があるが、 『御坊布武』 を目指す」 と意気込んだ。
 昭和50年9月、 旧御坊商工中退、 大阪で料理人の修行をして調理師免許を取得。 現在はライブハウス、 ブティック、 アジアン雑貨販売の経営を行っている。 イタリアレストランの経営経験もある。 公職では平成6年1月から民生児童委員の主任児童委員となり、 現在に至る。
 一方、 今回選挙戦突入が確実視される中、 柏木氏は 「毎回選挙があるのを覚悟している。 選挙があれば市民の声を聞き、 また私の考えを知ってもらえる絶好の機会にもなる」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る