なでしこ目指し女子2人が強豪高校へ進学

 夢はなでしこジャパン。 日高地方中学生サッカークラブのベロー・ラ日高で3年間、 男子に混じってプレーしてきた上西可奈子さん (大成中) と山崎唯花さん (湯川中) が4月から、 関西の女子サッカー強豪高校に進学する。 上西さんは大阪桐蔭、 山崎さんは兵庫の日ノ本学園で、 ともに全国トップレベル。 よき友、 よきライバルとして切磋琢磨してきた2人は 「今度は全国大会で対戦しよう」 と互いの活躍を誓い合った。
 大阪桐蔭は昨年夏の全日本女子サッカー選手権で準優勝、日ノ本学園は一昨年の同大会で全国制覇している、ともに日本有数のトップチーム。「将来はなでしこジャパンに入りたい」と夢を追いかけている2人にとって、技術を磨き経験を積む最高の環境だ。両校ともW杯優勝なでしこジャパンメンバーは輩出していないが、2月に和歌山で行われた日本女子代表候補合宿では、U―20とU―17に日ノ本学園の2選手がメンバー入りしている。
 上西さんは技術力の高いテクニシャンで、ベロー・ラでもMFのレギュラーを獲得し、昨年夏には国体女子県代表にも選ばれている。「大阪桐蔭は小学生のころから行きたかった高校。もっとうまくなりたいから、レベルの高い環境を選びました」と志は高い。ベロー・ラでは体では負ける男子に勝つため、考えてプレーしたり、かけ引きの面白さを学んだといい、「身につけたことを高校でも生かしたい」と張り切る。
 山崎さんもMFで当たり負けしない体の強さとスピード、キック力が武器。ベロー・ラではサブに回ることもあったが、身体能力は男子にも劣らない。進路を考えたとき、より強い高校でサッカーがしたいという思いを強くし、「インターネットで調べて日ノ本学園を選んだ。あえて厳しい環境でやりたかった。ベロー・ラでは、精神面も体力面も、普段の生活での心がけがサッカーに出ることを思い知らされたので、高校ではサッカーに集中して頑張る」とこぶしを握る。
 上西さんは小学1年から、山崎さんは3年から同じアミザージでサッカーを始め、中学生になってもベロー・ラ日高でチームメート。「よき友で、よきライバル。励ましあってきた」と互いに認め合う仲。新しい環境にも「不安はない。楽しみというか、期待が大きい」と笑顔の2人。「別々の高校に進学すると連絡はなかなか取れなくなるが、 同じ関西なので対戦する機会も多いと思う。いつか互いにレギュラーで、全国大会で対戦したい」とし、「そのときは絶対に負けない」と声をそろえ、決意を新たにした。
 ベロー・ラの梅本昌照監督は「中学生で男子に混じってプレーする女子は県内でも数人しかいない中、よく頑張ってきた。2人ともいいサッカーセンスと根性を持っているので頑張ってほしい」とエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. ファイト! 冷たい水の中をのぼってゆけ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る