坂本冬美が日高川復興へエールの熱唱

 昨年9月の台風12号で大きな被害を受けた日高川町で18日、 上富田町出身の人気歌手、 坂本冬美さんによる 「日高川町復活コンサート」が開かれた。冬美さんは被災者に元気になってもらいたいとの思いからボランティアで出演。「また君に恋してる」などヒット曲を次々と熱唱し、 訪れた被災町民ら約550人を励ました。
 町の主催で、日高川交流センターで開催。人的被害、床上浸水以上の住宅被害の世帯211人を優先招待。残る一般公募334人の入場希望者を募ったところ、町内約4000世帯から1203人の応募があった。
 会場は、県が生んだ平成の歌姫の曲が聴けるとあって熱気ムンムン。玉置俊久町長が「来ていただいた坂本さんの気持ちに応えるためにも、一日も早く復興しましょう。皆さん、坂本さんに元気をもらって下さい」とあいさつしたあと、冬美さんがステージに登場。はじめに応援歌「風に立つ」をうたい、「ゆっくりと楽しんでいただいて、ほんのひとときでも嫌なことを忘れてくれれば。きょうは精いっぱいにうたいます」と語った。デビュー曲「あばれ太鼓」、焼酎のCM曲「また君に恋してる」、ふるさとと母をテーマにした「おかえりがおまもり」、昨年のNHK紅白歌合戦でうたった「夜桜お七」など次々とおなじみのヒット曲を熱唱し、冬美さんの誕生日の今月30日に発売の新曲「人時」も披露。ジョークを交えた楽しいトークのほか、来場者の中から希望者3人と一緒にカラオケでデュエットしたり、途中でステージを降りて「しっかりね」などと声をかけながら来場者と握手をするなどしてふれあい、会場を沸かせた。サプライズで冬美さんが慕う二葉百合子さんも出演。ヒット曲「岸壁の母」のほか、冬美さんとともに「関東一本〆」をうたい、会場を盛り上げた。冬美さんは「きょうの笑顔を忘れずに、前を向いて頑張っていただければと思います。私も皆さんの声援を励みに頑張っていきます」とエールを送り、一日も早い復興を願った。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る