坂本冬美が日高川復興へエールの熱唱

 昨年9月の台風12号で大きな被害を受けた日高川町で18日、 上富田町出身の人気歌手、 坂本冬美さんによる 「日高川町復活コンサート」が開かれた。冬美さんは被災者に元気になってもらいたいとの思いからボランティアで出演。「また君に恋してる」などヒット曲を次々と熱唱し、 訪れた被災町民ら約550人を励ました。
 町の主催で、日高川交流センターで開催。人的被害、床上浸水以上の住宅被害の世帯211人を優先招待。残る一般公募334人の入場希望者を募ったところ、町内約4000世帯から1203人の応募があった。
 会場は、県が生んだ平成の歌姫の曲が聴けるとあって熱気ムンムン。玉置俊久町長が「来ていただいた坂本さんの気持ちに応えるためにも、一日も早く復興しましょう。皆さん、坂本さんに元気をもらって下さい」とあいさつしたあと、冬美さんがステージに登場。はじめに応援歌「風に立つ」をうたい、「ゆっくりと楽しんでいただいて、ほんのひとときでも嫌なことを忘れてくれれば。きょうは精いっぱいにうたいます」と語った。デビュー曲「あばれ太鼓」、焼酎のCM曲「また君に恋してる」、ふるさとと母をテーマにした「おかえりがおまもり」、昨年のNHK紅白歌合戦でうたった「夜桜お七」など次々とおなじみのヒット曲を熱唱し、冬美さんの誕生日の今月30日に発売の新曲「人時」も披露。ジョークを交えた楽しいトークのほか、来場者の中から希望者3人と一緒にカラオケでデュエットしたり、途中でステージを降りて「しっかりね」などと声をかけながら来場者と握手をするなどしてふれあい、会場を沸かせた。サプライズで冬美さんが慕う二葉百合子さんも出演。ヒット曲「岸壁の母」のほか、冬美さんとともに「関東一本〆」をうたい、会場を盛り上げた。冬美さんは「きょうの笑顔を忘れずに、前を向いて頑張っていただければと思います。私も皆さんの声援を励みに頑張っていきます」とエールを送り、一日も早い復興を願った。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る