1年でも長い開花を願う

 別れと出会いのこの季節に筆者にとって毎年、欠かせない大事な仕事がある。日高川町川辺西小学校にある「卒業桜」と呼ばれる早咲きの桜の取材である。花は一重でソメイヨシノに似た薄紅色。種類などは不明の桜で、入学式の頃に満開となるソメイヨシノと違い、卒業式前後が見ごろとなる同校の名物。長年にわたり、卒業シーズンを彩る花として地域の人々に親しまれている。筆者もこの桜の写真を撮るのが楽しみで、この時期になると開花状況を確認するため、頻繁に学校に足を運ぶ。
 この桜は、同校が矢田尋常高等小学校時代の昭和13年、児童らが卒業記念として植樹した。以来、木いっぱいにかれんな花をつけて学びやを巣立つ児童を見送っている。歳月は流れ、多くの花をつけた桜も高齢で10年ほど前から衰弱が著しい。そんな中でも生徒や教職員、地域の人々らの心配をよそに毎年花を咲かせている。筆者も「よかった」と胸を撫で下ろし、かれんな花をつけた美しい姿からは想像もできないたくましさに感じ入った。おととしには栄養が行き渡るように大きな枝を切り落とし、昨年も見事に50~60輪の花を咲かせた。
 この桜のクローン苗木で育てた後継樹は今月10日に開花。順調な生育ぶりを見せているのに対し、植樹から74年目を迎えた母樹の方は時期が来てもつぼみが確認されず開花が危ぶまれたが、19日にはつぼみがちらほら。ただ1本の枝だけで、ことしの花が多くの卒業生の心に幼き日の思い出とともに宿る卒業桜のラストフラワーになるかも知れない。花を咲かせ、22日には巣立つ子どもたちを見送るが、できれば1年でも長く子どもたちの成長を見守ってほしいと願う。    (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る